« 犬に親しむ、昼下がり | トップページ | 今月の出張予定 »

人はなぜ、PCを自作するのか(8年前のPC、更新へ その3)

メモリが家に配達されてきました。これで3月から少しずつ部品を買い集めてきた、core i7-860搭載機の自作に必要な部品が全部整った…と喜び勇んでマザーボードの説明書をみたところ、妙なことになっています。

AGPのスロット、どこにあるんだ?

不気味な沈黙が流れる、一人の部屋の春の夜。どうやら資材調達計画に破綻が発生したことを、認めざるを得ない状況です。

…そう。僕がデスクトップPCの更新を怠っていた8年弱のあいだに、ビデオカードのスロットの主流はPCI Expressに移っていたんですね。少なくとも5年以上前に。

今回の機材更新は、これまで使っていた自作デスクトップPCの電源・ケース・光学ドライブなど使えるところは使ってとにかく安く、でも今後数年は使えるスペックのマシンを3万円台ででっち上げる、というもの。ですので主としてヤフオクで

  • CPU 16000円(中古)
  • マザーボード 8000円(中古)
  • メモリ 5000円(新品)
  • OS 8000円(新品)

合計37000円、あとのパーツは何とか流用できるだろう…と思っていたのに(愕然)

ちょっとくやしいものがあるので、上限2千円でファンレスのビデオカードを買えないかヤフオクを探索し、いま入札をかけているところです。ゲームや動画に使うわけではないので、静かで映ればそれでよい、と割り切って。

ところで、気づいてしまいました。

もう2万円足したら、この程度の中古自作機がまるごと入手できてしまうことに。

で、冒頭の疑問。人はなぜPCを自作しようとするのか?

よくわかりませんが、その答えは合理性を超えたところに存在しているのでしょうよ(失笑)2万円弱のハイエンドなカードをポチる誘惑から首の皮一枚で生還した今、あらためてそう思います。

« 犬に親しむ、昼下がり | トップページ | 今月の出張予定 »

零細事務所の電算・情報・通信」カテゴリの記事

コメント

私も自作PCを使っていますが、電源も20pinから24pinへと変わり
光学ドライブはATAからSATA接続となり、MBを換えると結局一式換えることに…(^-^;

近年は自作するよりも手頃な中古を買ったほうが安いですよね。
中古ならXPリカバリ付きで1万円からありますものね…。
コンデンサーが劣化してヤバいかもしれませんが(^-^;

多分、私は鈴木先生と同年代だと思うのですが、中学生のころNECの98が安くても20万円はしていたような気がします。
もちろん買えなくてMSXを買いました。

BASICを少しかじって、あとはゲーム機となりました(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154408/51570786

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ、PCを自作するのか(8年前のPC、更新へ その3):

« 犬に親しむ、昼下がり | トップページ | 今月の出張予定 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック