フォト
無料ブログはココログ

« 横浜経由富山行き自腹出張 | トップページ | 横浜から富山へ »

申請書を持って、焼鳥とコロッケの街へ

申請書を持って、焼鳥とコロッケの街へ
京浜急行子安駅前で、道は左右に分かれています。

左に行けば、法務局。
右はこちらの、商店街。

行きは迷わず左に向かったのですが、何かおいしいものがありそうな気配がします。

無事に登記申請書を出し終わったのは15時すぎ。少々遅いお昼ご飯か、晩ご飯までのつなぎが是非欲しいタイミングです。今回の出張では妙に余裕がなく、昨日の夜も新幹線の中でお弁当を食べて済ませてしまったので、『その場所で作ったもの』が食べたいな…

ふらふらと歩きだすこと数分間。期待通りの物件と、予想外の物件を発見しました。

前者はお肉やさん。夕方に向けて揚げ物が積まれています。
後者は…

焼鳥やさん?

見たところ焼鳥しか売ってないため、そういうことになるようです。お酒を飲ませる焼鳥屋ではなく、店先に焼鳥を積み上げて、注文を受けた都度焼いてくれる、というお店。純喫茶じゃなくて純焼鳥屋、とでもいうべきでしょうか。

まずコロッケ一個100円は即決採用するとして(期待通りに美味しかったです)、焼鳥をどうするか?

…最初は道の反対側を通過して様子を見ます。
大将、黙々と焼鳥に向き合っています。
次はお店の側の歩道に移り、徐々に間合いを詰めて行きます。折しもお客さんが焼鳥を受け取るところ!

やり取りを見ていると、大将なかなか気のいいお人柄のようです。ならば。
『一本だけでもいいですか?』

大将、快諾♪

さてさて店頭は目移りする状況です。

  • 最大派閥を誇るように積み上げられたねぎま。
  • 艶めいたたたずまいのとりかわ。
  • 圧倒的な質量で迫るレバー。
  • 右側にはモツ煮込みが大鍋に入って割拠し、当該店舗における唯一の煮込み部門を死守する構えです。

しばし幸福な目移りを経たのち、豚バラを塩でお願いしました。

登記済み書類の受け取りが、いまから楽しみです。今日はいい日になりました。

« 横浜経由富山行き自腹出張 | トップページ | 横浜から富山へ »

お客さまの声」カテゴリの記事

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

先日はお忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。
次回いらっしゃる際には、横浜のディープなお店をご紹介できればと思います。子安もなかなかおもろいとこですよね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154408/51334705

この記事へのトラックバック一覧です: 申請書を持って、焼鳥とコロッケの街へ:

« 横浜経由富山行き自腹出張 | トップページ | 横浜から富山へ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック