« 東への細い細い道 | トップページ | 音のない岬 音のない駅 »

最果てのバスに、会いに行く

最果てのバスに、会いに行く
最果てのバスに、会いに行く
人間、大抵のことには慣れるものなのかもしれません。

今朝の気象情報で
釧路の最高気温0度

という表示に『わぁ、助かった!』と思ってしまった自分がいます。

さて今日は根室ー納沙布岬・根室ー厚床の路線バスに乗るのが旅の目的です。昨晩、仕事の書類を中心に先に名古屋へ荷物を送ってしまい、少々身軽になりました。これで幾分行動力が上がるはずです。

釧路8時15分発根室行き普通列車の乗客は、両手で数えるほど。
ただし、見るからに鉄分の高そうな青少年が何人か混じっています。

列車は上尾幌で上り列車と交換し、厚岸の街を離れると、ひたすらひたすら湿地と疎林の中を走ります。

不意に列車が、ブレーキをかけました。
窓の外には、遠ざかる…鹿のお尻。

座席に座らず運転席の横にいると、もう少し楽しいかもしれません。

« 東への細い細い道 | トップページ | 音のない岬 音のない駅 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最果てのバスに、会いに行く:

« 東への細い細い道 | トップページ | 音のない岬 音のない駅 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30