« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

待ちぼけて、東青山

待ちぼけて、東青山
だーれも、いない。
なーんにも、ない。

ここは特急街道の谷間、普通列車での旅行者に冷たいところです。いっそお弁当でも持ってくればよかったかも。

近鉄大阪線東青山駅で、次々にすっ飛んで行く特急列車達を眺めています。約30分の待ち合わせです。

急行扱いの仕事が思いのほか早く終わったので、今日が期限の近鉄株主優待券で予定のない小旅行を始めました。さしあたり奈良県を目指しています。

しかし名古屋から3時間ほどかけてもまだ三重県内。夕方までにどこまで行けるか、まだわかりません。

ただいま急行運転中

 早急な対応をくれくれくれ、と騒ぐ奴ほど自分はなんにもやってない…ように見えるのはなぜでしょう?

 労働相談の希望者の話です。こっちから電話しろと言わんばかりにフォームに携帯電話の番号を書き込んで来たり、果ては『こんな紛争に巻き込まれて頭に血が上っているので、早めに回答ください』などと書き添えて来たり(!)電話で「時間を浪費したくないんですが」と言ってるそばからこちらが聞いてきたことに対する答えもせずに延々としゃべってみたり…

 彼らを冷静に観察していると、どうやら自分に対処能力がない人ほど他人に早急な対応とやらを求める傾向があるように思えます。というより、今なにをするべきか、本当に急ぐべきなのか、の切り分けができておらず初動対応段階で破綻しているから周りに向かって速く速く速くと言って回りたくなるようです。

 そうした人に冷水をぶっかけるため、ではないのですが、この事務所には(法律関係事務所ではたぶん珍しい)緊急作業料金=特急料金と急行料金の設定を置いています。特急料金は依頼から3日以内の対応完了について通常の料金に10万円を加算するもの、急行料金は7日以内の対応完了について3万円を加算するもの。速く(というより後払いで)電話相談やってくれと電話口でまくしたてる人に向かってこの規定の存在を伝えると皆さん人が変わったように引き下がるので大変便利であります。

 そうした意味では、普段は一種のおまじない、魔除けとして機能している急行料金。珍しくこれをお支払いいただけるというご依頼を受けてしまいました。もちろん労働事案で、そのお客さまの名誉のために付け加えるならば上記の類型には全くあてはまらない真剣なご依頼です。ある意味適切な判断だ、ということもできるでしょう。

 で、実のところこれで受託してしまうと大変なことになります。

 まず、これ以上の依頼輻輳を避けるため久しぶりに受付停止にすることにして、さらに暖房を無制限につけて指が寒さで動かなくなることを防ぎ、ポピドンヨード配合ののどスプレーも無制限に使って(補助者さまはこれがお気に召さないようですが)体調悪化を止めて、場合によっては食事は自炊をやめて外食または宅配に切り替え、不急のお客さまについては打ち合わせの延期の要請をかけ、ウェブサイトには緊急作業中につき電話謝絶の表示を出し、まずは書類完成まで3日間の工程表を作ってお客さまの時間を前もって拘束し、さらにその工程にそって書類を作る…この間うっかり電話かけて来るような奴は知り合いから紹介されてきた人でも敵対視しかねない(昨年これで1件依頼を失いました)、こうした経済的社会的肉体的損失の補填、という趣旨で急行・特急各料金の定めを置くのは決して暴利ではないと思う(それに、受託のさいにお勧めしないと断ってます)ので、まぁ不当と言われることはないと信じています。

 さてその工程表より2時間ほど速く今日の作業が終わったため、このブログを書くことができています。不穏な急行運転期間は、少なくとも明日まで続く予定です。お送りした文案への返事を待っているため、さすがに夜間は作業が一服できる(が、お客さまはきっと忙しい)わけです。

 で、今後ももし本当にお急ぎの方がおられるならば…

 なんだかんだと言いながらも、緊急作業としてはお受けするつもりです。でも真剣な事案の場合にはお客さまご自身にも、結構な苦痛を強いますよ?

期限!期限!また期限!!

 布団から放り出されるように、一気に目覚めた朝。

 先週からかかっていた風邪が、かなりよくなったようです。一時期はポピドンヨード中毒になりかけていた喉の不快感が、なくなっています(そのかわり、●田飴のどクールスプレーを1週間でほぼ使い果たしましたが)

 体が元気に動くので、いつのまにかごちゃごちゃになっていた机の周りの書類と冷蔵庫を整理してしまうことにしました。

 そうすると。

 いくつか気になるものが出てきました。

  •  冷凍庫のなかから、消費期限11月2日の鮭の切り身。
  •  冷蔵庫からは、賞味期限11月25日の低脂肪乳。半分以上残っています。

それぞれ火を通せばなんとかなるだろうと決めつけて、とりあえず晩ご飯はサケチャーハンと缶詰のクラムチャウダー(牛乳で2倍に薄めるやつ)で確定です。冷蔵庫内にはほかにも、グレーゾーンあるいはレッドゾーンに突入している食品がちらほら見受けられましたが、これらは計画的に片付けていくとしましょう。それができなかったから現在の状況に立ち至ってることはさておいて。

さらに財布を開けると、こまった物がでてきました。

 近鉄の株主優待券。有効期限11月末日。

 これはまずいです。冷蔵庫内の怪しい食品と違って使うか捨てるかの二者択一になるわけで、にわかに今週末のお天気が気になってきました。さすがに近畿地方からの都合のいいご依頼はないんですが、30日に1件あちらで弁論準備期日を迎えるお客さまがおられます。行きたいような行きたくないような。

 続いて引き出しを漁ったら、なんとも微妙なものがでてきました。

Rimg0149

名門大洋フェリーのポイントカードです。

どうやら最終の利用日は昨年11月。ポイント有効期限は最終利用日より13ヶ月。100円の利用に応じて1ポイント付与され、ポイントが1000ポイント貯まると(つまり、10万円使うと)船内・乗船券の購入に使える5000円分の金券がもらえる、というルールになっていますが、累計ポイントがわかりません。

百の位の数字の形からして2・3・6・8のいずれかと思われます。

2だったらポイントを失効させてもそう惜しくはないのですが、これが8なら適当に理由をつけて九州出張を設定するか考え込むところです。


さて、友紀さんには久しぶりのコメントをいただきましたね。どうもありがとうございました。遡って調べてみると、たまに数週間ほどコメントが投稿されなくなる時期があるようです。前回は平成20年12月8日から21年2月24日まで二ヶ月半空きまして、2月24日に投稿してその均衡を破られたのはやっぱり友紀さんでした。なかなか手強いですねぇ。

外出外食促進週間無事終了

先日のこと。補助者さまが少々遠慮がちにおっしゃるのです。

ここ1~2年ほどの、ブログの論調には波がない、と。

とても不満あるいは怒っている、という記事もとても嬉しいあるいは幸せ、という記事もそれぞれ少なくなってきたように見受けられる…ということのようです。

うんうん、それはね。

今日みたいに、相談会の支援にでかけた先で他県の司法書士会の会長先生と名刺交換した折りに『ブログ読みました』とか言われちゃっても大丈夫なせめて冷や汗かかずに済むように、なんですよ(笑)

 あるいは当ブログの開設以来の読者さま方も同様になにかお気づきなのかもしれません。人はそれぞれ、立場に束縛されざるを得ないものでして云々、とますます言い訳がましくなってしまったりします。やれやれ。

さて、先週火曜日から今日まではひたすら外に出て過ごしておりました。カレンダーを見ると一日愛知県内に居られたのは17日・22日の二日だけで、あとは隣県にでかけて何かをし、何か食べて帰ってくることの繰り返し。おそらく体重もコレステロール値も上がってることでしょう。会食の場でいろいろな方とお話できたのはありがたいことなのですが、少しおいしい物を食べ過ぎました。一方でお客さまから風邪をもらい、土曜日には平然と講師をやって日曜日の夜から倒れ込み、月曜日一杯半分死んだように過ごして火曜日何事もなかったように相談会の支援にでる、ということをポピドンヨード(のどの薬)の力を借りて実現していたりもします。まさに一ヶ月早い師走ですが、それも今日でおしまい。なんとか切り抜けることができました。

そうこうしているあいだに、三件ほどご依頼が入ってきています。うち二件が労働紛争、ということで、まさにこれが当事務所の日常です。普通なんですってば!

言い訳はこれくらいにしておいて。さしあたり先週実施の研修および本日の相談会では、皆さまなんらか課題を見いだす人は見いだされたとは思います。個人としてその先を知りたい、という方には僕の小さな事務所は常に開かれているのですが、だからといって僕を呼んで集団で何かすることが絶対にお勧めできるわけでもない、とも思っています。僕は他の社労士兼司法書士と違って、講師や著述で食ってく趣味は毛頭ないですし。あとは皆さん方個々人の関心に応じて、協力できるところはする(けれど、押しつけはしない)という程度の立場を維持しますので、ご安心くださいますように。

約半分の成功度

 昨日は講師をしに行った隣県の街に泊まり、しっかりとお酒を呑ませてもらってきました。

 午後1時から4時間にわたる研修は相当の準備をして望んだものの、予想より充実した質問をいただいたおかげでレジュメに用意していた時間調整部分(遅延発生時に備えて、あらかじめ文章での説明を充実させた箇所)をいくつか省略して終えることになりました。

 研修が終わって気づいたこと。人は考えながらしゃべりつづけると頭がくらくらするものらしいです。あるいは知恵熱かも(笑)

さてその研修実施のきっかけを作った友人の司法書士さんに、今次研修の目的達成度につき講評を求めたところ、あっさりと

 半分

と言われてしまいました…トホホ。まぁ僕たちの理想あるいは期待度に対する半分ということであれば少しは救いがあるんですが、あとは少しずつ、参加した司法書士の皆さん方からの評価も伝わってくるかとクビを洗って待っているところです。

今回の研修はもともと、各県司法書士会がこの時期一斉に開催する労働相談の相談員になる人の準備として行われたものです。この相談会、昨年は本県司法書士会でも実施されたのですが、今年はなぜか実施無し。僕は昨年に続いて後方要員として、今度は隣県司法書士会の相談会を支援することになりました。まぁ勝手に押しかけるのではなく招かれて行くのですから、もちろん結構なことだと思っています。このブログでは隣県としか申し上げておりませんが、本県に境を接する各県の司法書士会ではいずれも相談会の設定があるようです。この研修から相談会、そしてその後が、一体どんな展開につながっていくのか楽しみにしています。

 しかしながら少々気になるのは、研修を受けに行ったり講師をしに行ったりした先で『ブログ読みました』と言われるのが増えたこと。

だんだん悪いことがしにくくなってきた気配を感じます。

仕事の傾向が変わるかも?

仕事の傾向が変わるかも?

研修を受けに行ってたここ何日かのあいだに、Yahoo!でのウェブサイト検索エンジンがgoogleのそれに移行を終えたようです。順位や件数が相当似通ってきているので、おっつけ完全に一致する検索結果がYahoo!でもgoogleでも出てくるようになるのでしょう。

もともとこの事務所はなぜかgoogle経由で来られるお客さまが多かったため、今回の移行は楽しみにしていたのですが…しばらくウェブの仕事を怠けていたあいだに『給料未払い』で30位に墜落しています。Yahoo!では9位につけていたので、しばらくのあいだ労働関係のご依頼が減るかもしれません。

もっとも、あるお客さまのご提案をうけて対策を開始した『派遣 給料未払い』では1位なのでこれはよしとしましょう。いままでYahoo!の検索エンジンはわりと当ブログの記事に低い順位を与えていたのですがこれがなくなって、当ブログは『給料未払い』で圏外から15位に上がってきました。Yahoo!を常用しておいでの方々にお目にかかることが今後しばらく増えるのかもしれません。

ちなみに、今回いちばん効果を期待している順位変動は『相続登記 名古屋市』が50位から8位にやってきたことです。

これで、年2~3件しか来ない登記の仕事が来年はせめて2ヶ月に1件はいただければいいのですが。

ゆったりパックで研修へ

ゆったりパックで研修へ
なんでバスで行くのが必須な物件を、研修会場に選ぶのか?

今日の研修は、長島温泉のホテルで行われます。しかも二日連続(笑)

聞く価値はあります。東京から労働法分野の大先生が来られる、しかもお題は労働紛争。これが5000円ならむしろ聞かなきゃ損です。今回は懇親会着きで一万円を払いましたが、この時間で明後日僕が講師になる研修の最終打ち合わせができるはずです。
もう五千円だせば泊まれるようになっていますが、バスの割引切符を使って日帰りで往復します。『ゆったりプラン』というこの切符、往復割引と同じ値段で何かのクーポン券がついています。どうやら高速バスでくる人はそう多くないようで、たしかにゆったり来れました。

祝い酒をいただきに

祝い酒をいただきに
知り合いの司法書士さんから、しばらくぶりに電話がかかってきました。

聞けば解雇予告手当を請求可能な期間に関するお尋ねです。

…それよりゃ解雇無効を前提に労働審判で地位確認請求したほうがよほど●●ですぜ旦那、と週末の研修のネタを口走ってみます。

作成中の解雇予告手当請求訴訟の訴状を横目で見ながら(苦笑)

さて、今週末に控える研修の教材は昨日無事完成、できれば年内に第一回期日を開いて欲しいこの訴状も発送完了!
ということで気分よく、お客さまとの祝勝会に出かけることにします。幸か不幸か明日は二件の労働相談が入っており、二日酔いが許されないのは少々残念ですが、お客さまからはエビスビール1ケースを用意したと、恐ろしくもあり楽しくもある連絡を受けています。

明日以降新たなご依頼があっても訴訟・労働審判では年内に期日が設定されにくい(よほど高速で作業すれば別ですが)ので、今月が事実上の師走でしょうか。忘年会に出ることはあまりないので、今月のうちに楽しんでしまいます。

丁寧に作れ、悪い見本

 いよいよ明日までに、研修用の教材を作ってしまわねばなりません。今週末に、隣県の司法書士の皆さんへの研修をおこなうことになっています。テーマは労働相談です。

 欲張りな講師である僕は、研修12日前にシラバスを作成して配布を依頼し、さらに5日前である明日、受講者の皆さんに事前に検討していただくための相談事例を配布してもらう予定です。その事前配布用の事例の作成を、補助者さまに手伝ってもらっています。

 表計算のファイルが一つできたようです。隣の部屋から、彼女が聞いてきました。

「(ファイルは)何ていう名前で保存しますか?」

「わるいみほん♪」

「ええーっ!?」

いつも通りに異議を申し立ててくる補助者さま。べつにいいじゃありませんか、悪い見本.jsdならファイル名としても8.3形式に沿ってますよ、と時代錯誤な言い逃れをしてみたのですがやっぱり納得できないご様子です。

そう。この事前配布用教材は、一部に間違った労働時間計算=悪い見本が必要なのです。これが一つできあがったところ。

「でも悪い見本を適切に作るって大変なんですよ?悪い見本をいい加減に作ったら本当に出来の悪い凡百な悪い見本ができあがってしまいます」

「それはそうなんですが…」

渋々ながらも納得していただくことができたようです。実際のところ、間違いとして注目していただきたい箇所以外は間違いがないように一ヶ月分の労働時間計算の表を作成する、というのがこんなに難しいとは思いませんでした(汗)

ひさしぶりに、日付が変わるまで仕事になりました。とりあえず、事前配布用のファイルは完成したところです。あとは15日の隣県行き速達に間に合うように、当日配布用の資料を作るだけ。なんとか9割方できあがっているつもりですが、現時点で本文40ページを突破しています。受講者はあまり多くないということで、紙の消費量よりは教材の質・量を優先している…つもりです。

晩御飯充実月間

晩御飯充実月間
半蔵門〜麹町一帯には安くて美味しいお店がたくさんあります。一昨日は、半蔵門での宿にほど近い『キッチン ジロー』でカキフライ定食にしました。

ここは九段下でいつも泊まる宿の近くにも別のお店があり、いつ行っても何を食べても美味しい素晴らしい洋食やさんです。

昨晩相談に向かった船橋では相談場所にした喫茶店の向かいにあるインド料理店に入ってしまったのですが、後になって辺り一帯が飲食店街だったことに気づきました。たちまちのうちに数軒の候補店を発見してしまいましたので、今後しばらく千葉県北部での相談場所を船橋にするかもしれません。

さて、明日は愛知県内で友人の司法書士さんと飲み会、16日は岐阜県内のお客さまとの会食、18日は三重県内に受講しに行く社労士会の研修の懇親会、20日は僕が講師になる司法書士会の研修後の懇親会…と晩餐の予定が列をなしています。来月よりは今月のほうが忙しくて、外食も多い感じです。
昨日までの東京出張では5人の方にお会いして、うち4人の方からご依頼を頂くことになりそうです。せいぜい忙しくして、お腹を減らしておかなければなりません。

千葉県からの引力

千葉県からの引力
甲府盆地に入ると同時に、一気に青空が広がってきました。雨は伊那谷一帯だけだったようです。

今日から出張です。ひと足先に紅葉が見たくなって、中央自動車道経由のバスを選びました。

今回は、一回の出張では最多の5件の出張相談が入っています。最近、大都市にある債務整理事務所が地方都市で出張相談会を開催して依頼者を刈り取っていく(嫌な営業用語ですね)のを見かけますが、あの形態の逆、に見えるかもしれません。そのうち業界団体による変な自主規制に引っ掛かって実施不能になったりしないだろうな…と少々気にしています。

さて、地方出張無料相談会ならぬ大都市出張有料相談会になった今回の出張相談、過半数が千葉県からのお客さまだったことに気づきました。

う〜ん、最初からこの状況が見えていれば宿泊場所や往復のバスをもっと工夫できたのに(笑)

『用事がない』とか言ってるうちに…

2週間ほどまえに、特に用事はないが東京までの出張を設定するという記事を書きました。今週9・10日の出張のことです。

先週初めまでは東京方面からのご依頼は全くなく、このままのんびり国会図書館で書見できるかと思っていました。状況は先週中盤に動きます。既存のお客さまから1件、新しいお客さまから1件、出張相談の要請が入りました。これを9日と10日の午後、いちばんいい時間に割り当てます。

これで相談料金5千円×2回で1万円。交通費は往復8千円程度なので、これで書見に出向く交通費を回収できることになりました。

よしよしこれはラッキーだ、と思っていた先週末。

  • さらに出張相談の要請が1件入りました。10日の午前中に割り当てます。
  • もう1件入りました!9日の夜の時間を割り当てます。これで4件とも、相談時間としては2時間を確保できます。

さすがにもう入るまい、と思っていたら。

今日さらに1件要請が入り、これで今回は1泊2日で5件の相談になりました…が?問題があります。今回の出張は往路中央自動車道経由の昼行便、復路はいつもどおり、東名高速道経由の昼行便の高速バスを使うつもりだったのですが、これだと5件目の相談を連続2時間セットできません。

実際にはそれほど時間がかからない、ということであっても時間は空けておいたほうがいいし、無理に昼間の時間を使うと図書館での書見の時間がほぼ無くなります。そこで復路を夜行バスにしてしまうことにしました。うまい具合にドリームなごや1号の早売3、3900円の座席が空いています。

 さて、これで東京出発を5時間強遅くすることができました。最後の相談をやって余った時間は、駅から送迎バスが出ている健康センターでお風呂にでも入って過ごす予定です。

 まさかもう1件相談要請が入る、ということは…考えないでもよいはずです。万一そうなったらもう一泊します(笑)

貴方に素敵な週末を

貴方に素敵な週末を
今週は水曜日が厄日でした。書類作成の日程は繰り上がるし追加の作業は発生するしプリンタはトナーが切れたと言い出すし、なにやら面倒なことが束になってやってきて休日どころではなかったのです。
もちろんそれらの面倒事のなかには、労働審判手続申立書で申立人を原告と書いた間抜けな自分が作り出したものもありますが…

久しぶりに泣きたい気分でクリアした一昨日。昨日に入って吉日に移行したのか、調停不成立を危惧していた労働審判が一件、無事に終わってくれました。遠くの街の裁判所で、裁判官がかなり頑張って下さったようです。

そして今日。朝から和解金の払い込みを確認し、直ちにお客さま方に送金を終えて、結果的には遅延損害金の一部まで支払わせることができた労働紛争がもう一件終わりました。裁判外での弁護士との交渉は、なにか次の研修で参考にして貰えるか…ぼんやり考えながら快速みえで南下中です。

さ、これで今月上旬の営利事業はおしまい(笑)
来週は、僕が講師になる研修の教材作成が主な仕事になるはずです。

この打ち合わせで、今日は伊勢市まで行ってきます。車窓を流れるセイタカアワダチソウさえいつもより綺麗に映る、快晴の旅になりました。
依頼人を勝たせてから呑むお酒が一番美味しく、仕事が終わってから出かける旅が一番楽しいものですね。

今週の勝利を手にされたお客さまにも、素敵な週末を過ごされますように。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30