« 相談所は夜開く | トップページ | 余命3年ってほんとうですか »

ざぶざぶと 鍵盤洗う 小桶かな

 先日のこと。開業からずっと使ってきたパソコンのキーボードが、ずいぶん汚れていることに気づきました。

Rimg1076

「そろそろキーボードを洗濯しないといけませんかねぇ」

 補助者さまがこちらを見ています。

…よその国のことばを聞いてしまったまなざしで。


その後いくつかのやりとりがありまして、ならば写真入りでキーボード洗濯計画をブログの記事にしよう、ということになりました。カバーをせずに長い間キーボードを使っていると、写真のようにキーの下のほう、手の届きにくいところに汚れがたまってくるものです。

なにごとにも穏便な補助者さま宅ではこうした場合、綿棒やらなんやらをつかって綺麗にするようなのですが…キーが109個もあったら面倒です。手っ取り早く確実に汚れを除去するには、キートップを軒並み引っこ抜いて洗濯機であらってしまう、という手法がお手軽です。

裏側のネジをいくつかはずしてカバーを外し、台所の引き出しにあった金属製の特殊工具で垂直方向にキートップを持ち上げて一つ一つ外していきます。キーをてこの原理で持ち上げやすいように、先端がゆるやかにカールしているのがこの工具の特徴です。

Rimg1079

この特殊工具、キートップの取り外しのほかにもスパゲッティーを食べるのにも利用可能なもので、100円ショップにも売っています。高級なものですと新潟県燕市で作られるものが有名ですね。

慣れると一つ一つのキートップを取り外すのに数秒しかかかりません。外し終わったキートップは洗濯ネットに入れてタオルでくるんで結び、他の洗濯が終わったあとの洗剤液(つまり、衣料用洗剤の残り)に突っ込んで数分、弱水流で洗います。

このとき監視を怠ると、タオルがほどけてキートップがパルセータ(洗濯槽にある、水流を作るために回転する円盤)にぶつかってゴガガガガガという異音を発します(汗)

洗濯が終わったら適当にすすいで水を切り、日陰に干して乾かします。

これらの作業と並行してキーボード本体部分を掃除するのですが、数年間何も考えずに使い続けたキーボード内部には人生観がゆらぐほどの汚れが蓄積されています。これらも掃除機で吸い取る等しておきます。

で、洗浄後の各部品。

Rimg1080

灰色のキートップを白い部品で下から支える構造になっています。キートップと白い部品ははめ込み式なので、位置を合わせてひたすらはめるはめるはめる!という作業をすると復旧完了。ただ、打鍵回数が多いスペースキーとEnterキーだけは針金を併用して支えてあるため、グリスを取り替えてあげることにします。

作業が終わったキーボードはほぼ新品によみがえるのですが、いくつかのキーの文字が少々薄くなりました。洗濯機よりも、手洗いがよさそうです。

  • ざぶざぶと 素麺さます 小桶かな (村上鬼城)

« 相談所は夜開く | トップページ | 余命3年ってほんとうですか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こ、これは、、、元に戻せるのですか?
元の位置がわかりません(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざぶざぶと 鍵盤洗う 小桶かな:

« 相談所は夜開く | トップページ | 余命3年ってほんとうですか »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31