« 交通費敵対側負担♪ | トップページ | 三泊四日がちょうどいい »

橘湾に日が沈む

橘湾に日が沈む
今日は素晴らしい一日です。

一件の電話も一通のメールも来ません(苦笑)

さて今日は博多から長崎を経て諫早へ、そこから島原半島西岸を南下中。天草へのフェリーが出る口之津に泊まることにしました。

本年最後の九州出張ということと、九州内で受けていた仕事に決着がついたことから一泊余計にすることにしました。今週明けから昨晩にかけて、だいぶ円安が進んだおかげで今月実施予定の出張全部と生活費をまかなうくらいの収益をFXで確定させたため、経済的には大余裕なのですが、最近自腹で動くことに悲壮感がなくなった気がします。生活の心配をせずに儲からない仕事を受けられるのは、素晴らしいことなんですがね。

ところで今日僕が泊まってる宿なんですが、『じゃ●ん』から予約を入れて施設詳細から地図を参照したら、地図の表示の位置と実際の位置が(田舎の感覚で)ちょっと離れておりまして、おかげで50分ほど余計に歩くことになりました。

おそるべし、『じゃら●』。

« 交通費敵対側負担♪ | トップページ | 三泊四日がちょうどいい »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

天草といえば、フェリーからの光景が美しいです。
こんな美しい場所で、キリシタン弾圧とか蓑踊りとか
残酷な歴史があったなんて信じ難いですね。
もう年内は受付停止なんて優雅です。
私は29日まで1円でも多く稼ぎます。
来年が今年よりいいという保証も来年大病しないという保証も
どこにもありませんから。
事務所の発展をお祈り申し上げます。

天草側のフェリーを降りた界隈 『五和町』当たりはウニのぶっかけ丼が名物ですよ。そして今回こそ鈴木さんご念願の牛深まで行けるといいですね。よい旅を~!

日没の写真は割と好きで色々と見たつもりですが、この日没は流れる黒が妖艶で神秘的ですね。まるで闇が海から沸き立つようです。包まれる太陽がなんと表現すべきか、心に染みます。

…私の液晶モニターが安物だから黒色系がつぶれているだけの可能性もありますが…だとしたら、すいません(大汗)

ここに書くべきことではないかもしれませんが、ご報告させてください。
私の労働審判は第一回から相手方に厳しい指導があり、和解するように審判官からお話がありました。
「理由無き解雇である」と明言していただくことができ、ひとまず胸をなでおろしました。

しかし相手方次第で訴訟に移行する可能性も当然あるので、まだ心は休まりません。紛争は悲しいものですね。でも前向きにがんばりたいと思います。
では、失礼しましたo(_ _)oペコッ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘湾に日が沈む:

« 交通費敵対側負担♪ | トップページ | 三泊四日がちょうどいい »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30