« 予約入れよか やめとこか | トップページ | 出張日程を変更します! »

研修日の次は出張日

3月9日、東京への出張が決まりました(わーい)

 久しぶりの九州出張の記事にコメントをくださった友紀さん&1班の天然パーマさん(って僕にはわかりやすすぎなハンドルネームですが、彼は今回の研修の受講生さんです。僕は2班)に対するウケ狙い、というわけではありません。お二人にはそれぞれ楽しんでいただいているようでなによりですがね。コメントありがとうございます。

 さてさて昨日いきなり確定した東京出張、裁判所での書類閲覧と新しいお客さまとの打ち合わせがしっかりと予定として入っています。ついでに申立書を一つ出してくるかもしれません。ことと次第によってはそのまま土浦まで行くかも。

 春が近づいたこともあって、事務所の活動が活発化してきました。先月から断続的に設定されていた研修は、いよいよ27日~3月1日・3月7~8日の5日間で終わりなのです。

で、いろんな人からの要請がいろいろあって…

  • 3月1日夕方から5日までは九州・関西へ

これに続いて、

  • 3月9日・10日は関東へ

それぞれ行け!行ってしまえ!ということになりました。まぁ関東出張は場合によっては3月5日になるかもしれない、という展開を首尾良く避けることができたところなので僕から見ればラッキーだ、楽だよとさえ思えてしまいます。

入っている用事&目的地もいろいろです。

  1. 福岡県で裁判傍聴+打ち合わせ
  2. 大阪で相談
  3. 京都で書類提出
  4. (可能なら、私用で和歌山へ)
  5. 東京で書類閲覧+打ち合わせ
  6. 東京で打ち合わせ
  7. (場合により、書類提出)

 今回はなかなかうまい具合にいろんな用事をセットすることができました。こうして書くといかにも仕事がいろいろあるように見えますが愛知県内からのご依頼がとっても少ないため、そんなに忙しくはありません。この東西二件の出張で合計5組9名のお客さまのご用に応じているので、個々のお客さまに対する交通費の請求は新幹線片道分に満たない額にとどまっています…というよりほとんどの人に請求をかけていません(泣)

 そして今回の出張は、さらに難易度の高い仕事へ発展する可能性を秘めています。これから裁判書類をつくることになりそうなお客さまのなかに、遠隔地に転居予定の人がいらっしゃるのです。転居先は

 フェリーでも飛行機でも行けるところ(笑)

 つまり転居前に意地でも打ち合わせしてしまわねばならないということで、上記のむりやりな日程を組んだのです。

 法律と裁判をめぐるいろんな制度や実情のゆがみのなかで、取りこぼされそうな人とまじめにつきあったらなぜか端から見ていて楽しい活動になってしまった、ということでしょうかね。請求額10万円台の訴状作成を労働者側から見てペイする料金で受託し、そのサービス範囲を全国に広げると宣言したら法律の行商が商売になってしまった…と。上記9名のお客さまのうち8名までが労働紛争のお客さまで、その半分が1か月ぶん程度の賃金の請求をかけるひとですから。

 まぁこの事務所のありさまは法社会学的には興味深いものであるはずなので、社会学を専攻された天然パーマさんがなにか楽しい考察をすませているかもしれません。研修終了後の打ち上げのときにでも尋問していえ、お聞きしてみたいところです。妻子持ちには決しておすすめできない仕事なので、研修終わったらやってみたら、などとは申しませんが。

ところで。確かに人にはおすすめできない行動形態なのですが…?

 もしこれから依頼を受けるお客さまが、現時点における作戦計画通りに北の国の独立簡裁で少額訴訟を維持することができたなら、

 傍聴に行ってみたい気がします。そこに海があるから、フェリーで(笑)

 もちろん実際にはやらないはずですが、別件で原野商法の残骸のような土地をお隣の地裁管内に持ってるお客さまがいます。そういえば『いつか現地を調査してみる必要がありますね云々』とか言った覚えが…ありますよ?

« 予約入れよか やめとこか | トップページ | 出張日程を変更します! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修日の次は出張日:

« 予約入れよか やめとこか | トップページ | 出張日程を変更します! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31