« 電子印鑑はいかが?(代書やさんのDocuWorks その5) | トップページ | 受験生活はじまる »

名ばかり『ワーカーズコープ』に気をつけて!

『ワーカーズコープ』(協同労働)という言葉をご存じですか?

 一般名詞としてのワーカーズコープは、WorkersCo-operativeつまり労働者協同組合、あるいは協同労働と言われることがあります。これは、労働者が資金と労力を出し合って(主として公益性・社会性が高い)事業をおこない、労働者が自ら経営に参画し労働に従事し収益を分配しよう、というのが理想です。

 字面からみる限りではこの理想、大変素晴らしいものに見えます。この考え方を取っていると標榜する事業体の中には、本当に素晴らしいものもあるでしょう。

 しかし、残念ながらそうでない組織もあります。この事務所で昨年終結した労働訴訟のなかに、一般名詞としてのワーカーズコープを標榜する団体の一つを相手とするものがありました。事案の概要は、一般名詞としてのワーカーズコープを自称するNPOが運営する事業所における正社員のサービス残業に基づく未払い割増賃金の請求で、相手方には弁護士が訴訟代理人についたのですが最終的に請求額の約3分の2を得て和解となっています。

 そこでは普通の営利企業と同様に

  • 上司もいれば
  • 部下もおり
  • サービス残業もちゃんと存在します。

 不幸中の幸いとして、そうした事業体にも労働基準法はいまのところ適用され、法律と裁判所に拠ってお客さまの権利を守ることはできるのです。

 さて、僕があつかった事案はあくまでも関東の遠く離れた町のことだと思っていたのですが、昨年から気になるニュースが入っています。

 名古屋市のある施設で、一般名詞としてのワーカーズコープ(以下、コメントを含むこの記事では単にワーカーズコープと言います。企業名としてのワーカーズコープを指すものではありません)を自称するNPOの一つが施設管理者となり、そこを舞台に労働紛争が起きているようなのです。(それに関する、www.janjan.jpの記事

 こちらの紛争の概要は不当解雇あり労働条件不利益変更あり、果ては本部から職員を送り込んで多数派を形成して本部側有利な就業規則の変更を企んだり!と、とても労働者協同組合を標榜する者がやることではありません。これに対抗して労働組合ができたことには拍手喝采しますが、経営側に対して労働組合を作って戦わなければならないこと自体、労働者の組織であるはずのワーカーズコープ内にしっかりと経営層が存在することの矛盾を描き出してしまっています。

 そんなことってあるのだろうか?労働者が作ったはずのワーカーズコープでサービス残業や不当解雇なんてあるのか?と純粋な(というより、単純な)ひとは思ってしまうのかもしれません。僕の経験を言えば、担当した労働訴訟の証人尋問における経営側職制の証言の内容からして上記の記事はまず真実と思っていいだろうと考えます。ワーカーズコープの労働紛争における最大の特徴は、労働法秩序より自分の組織の主張や見解を優先させて恥じない(利益ではなくて理想を追っている、という気負いが、自らの過ちを認めることを妨げていると推定します)ことで、裁判ひとつとっても請求額の割に一般企業より長期化してしまうのです。上記各記事を見る限り労組を作って戦っても、残念ながら客観的な情勢の改善にはまだ至っていない、というより経営側は労働組合とその関係者をなんとか排除するため必死で、紛争は確実に長期化しつつある、というのが名古屋市の施設の状況と見受けられます。

 たぶん労働側が法的措置をとるか、さもなくば施設を保有する名古屋市が積極的介入(または、指定管理者のすげ替え)を図らないと問題は解決へ向かわないだろう、と、この団体と戦った者の一人として見ています。僕が見た関東でも、そして名古屋でも、その他に九州でもこの団体はなんらか構成員と紛争を起こしているらしく、『小さな査問の話』というウェブサイトが数年前から健在で、僕も裁判書類作成の際にはこの団体の気風を知るために参考にしていました。

 理想と実情との間に恐ろしい乖離があり、なまじ労働者のための組織を標榜しているがゆえに労働紛争が必然的に泥沼化する、というのが一般名詞としてのワーカーズコープの問題点です。

 ですから事業所の名称にかかわらず、もしこうした求人=労働者が作った労働者のための事業所に見える求人の募集に応募しようとする際には、次のことに注意する必要があります。

1.出資を強要されないか。

 考えてみましょう。理想がなんであれ経営面である程度安定した事業を持っており収支が健全な事業体であれば、構成員からお金を巻き上げる活動に邁進する必要はありません。逆に経営面での安定を欠く事業体であれば、ぽっと入社したばかりの人間にいきなり出資額相当のリスクを負わせようとする勧誘自体が不適切かつ危険です。いずれにせよ、就労を開始したばかりなのにいくらか金をだせ、と言ってくる発想は労働者を搾取の対象として見ていないと出てこないものだと考えるべきです。関わり合いになってはいけません。納得できない出資要請は断りましょう。

2.経営にタッチできないのに経営者呼ばわりされていないか。

 みんなが経営しみんなが労働するんだ、というのが一般名詞としてのワーカーズコープの理想なんですが、オイオイちょっと待て、と言わなければいけません。

 もし労働者が経営者にあたるというならば、働いたぶんだけの分配を得る権利は誰かがそれを拒否できようものではないはずです。少なくとも、働いたぶんだけの分配が実現できないことは経営課題として協議されねばなりません。それを『拒否できる』ひとがもしだれかいるとしたら、その人との間には何らか上下関係が存在していると考えねばなりません。

 まして一日に十何時間働いても労働者は経営者を兼ねているから残業手当無し、などというのは単にただ働きしているだけであって、そうした状態が当然でないと事業が成り立たないというならそこにいるのは労働者としての資質はともかく経営者としてはかなり無能な人間の集団だ、ということになります(ここで経営者としての無能さ、というのは、まともにやれば儲かる事業で儲けられないという愚かさより『もともと大して儲からない事業にあえて手を出し、それを隠してあなたの参加を誘った』という不実さが濃いです)。転職を視野に、さしあたり残業手当請求への証拠を確保すべきです。理想に殉じる気がない、それを許すだけの経済的余裕がないなら、お近づきになってはいけません。

3.社会保険制度への加入を拒否されていないか。

 これは単に中小零細企業共通の問題なんですが、一般名詞としてのワーカーズコープの場合には『構成員はみな経営者で、事業を共同で運営しているから使用従属関係・雇用契約関係はなく、したがって労働者のための労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金の適用はない』などという犯罪的発言が上級職制から飛び出してくることもありそうです。

 これとは逆に、『出資金を出さないから社会保険には加入させない』ということも考えられますし、職安や労基署には『この人達は労働者です』と言って労働保険には加入させ、労働者には『私たちは労働者ではありません!雇う・雇われるの関係はありません!』という二枚舌もあり得るでしょう。

 なんにしろ、そこでの労働があなたの現在と未来の経済的安定を捨ててまでなすべきものでないならば、大抵の場合はそこから離れたほうがいいと思います。


 名ばかり管理職という言葉があります。労働者を肩書きだけ管理職にしておいて実際にはそうした実情がなく、労働基準法第41条の例外規定には該当するから時間外労働割増賃金を支給しないとして酷使される立場を指す言葉です。

 さしずめ上記のような、上級職制横暴現場労働者圧迫型の自称ワーカーズコープは、さしずめ『名ばかりワーカーズコープ』とでもいうべきものです。派遣切りや名ばかり管理職が、移り気なマスコミに時折の脚光を浴びる陰で少しずつ、名ばかりワーカーズコープ問題は拡大していく可能性が高いと僕は憂慮しています。もちろん、こうした事業体でなんらかお困りの方の相談は積極的に受託します。

関連情報

当ブログ

こちら「名ばかりワーカーズコープ」相談室 コメントへの回答

当事務所ウェブサイト

労働相談のページ  来所・電話・出張等による労働側の労働相談

こちら給料未払い相談室  給料未払い等、小企業の労働紛争への対応

※当事務所では平成29年6月時点でも、上記リンク2件に記載の条件で相談・ご依頼をお請けしています。


2010.3.13.追記

上記で挙げた名ばかりワーカーズコープにおける労働紛争は、やはり労働側からの仮処分申立という法的措置にもつれ込んでいます。仮処分なので僕は書類の閲覧はできないものの、さぞかし妙ちきりんな主張が企業側から出てきているものと推測しています。また、今年に入って『ワーカーズコープ』をキーワードとする検索でこの記事にたどり着く方が増えており、かの団体における労働紛争がなんらか拡大・深刻化しつつある可能性を危惧しています。

名ばかりワーカーズコープにおける残業代不払いなどの労働紛争・出資強要や返還請求などの対応に関する労働相談は、リンク先のフォームからお寄せください。フォームによる最初の一回の問い合わせには、無料で対応しています。

2012.3.14 追記

この記事には、一般名詞としてのワーカーズコープに該当する団体で就労された方のコメントをお寄せ頂いています。いただいているコメントが、現にこうした団体で困っている方の参考になるよう、コメントはなるべく掲載するようにしたいと思います。ただし、特定の団体を指していることが読み取れてしまうコメントについては、こちらで事実確認ができないために避けていただきますようお願いします。そのようなコメントは、団体名が特定されないよう運営者側で最低限の訂正をさせていただくことがあります。

2013.5.6 追記

この記事には皆さまから引き続きコメントをいただいておりますところ、コメントを拝見するかぎり状況は改善されていないように見受けられます。当事務所では引き続き、労働者側でこうした団体での労働問題に関する相談を受け付けています。

なお、この記事を含む当ブログには、記事中で問題としている事業体の管理者側からの閲覧がある可能性を否定できません。直近でコメントをいただいたstonesさんを含め、コメントに記載の資格・就労や出資の時期等からスクリーニングされて個人を特定できてしまうおそれがあるコメントは、運営者側で最低限の箇所を伏せ字に変えますが、その必要がない場合はコメントに記載していただければご指定に従います。

« 電子印鑑はいかが?(代書やさんのDocuWorks その5) | トップページ | 受験生活はじまる »

労働法・労働紛争」カテゴリの記事

コメント

協働組合という働き方自体は良いものだと思います。
ただ(一般名詞でなければ団体名になりますので、カッコ内の語は管理者が削除しました)がひどいだけ。

トップの人は政治の話しかしないし。幹部は人の話を
聞かない。あらかじめ用意した結論に導くように話そ
うとしている。だから日本語を使っているのに、外国
人と話しているような感覚を覚える。言葉が通じない。

組織の上に行くと、ほぼ政治団体のよう。共産党系。
そもそも全国組織だし、職種が多様だから、意志の
統一なんてできやしない。

やたらポエムを読まされるのも中二くさい。

ワーカーズコープで働いています。

皆さんが言うように御休み時間はほとんと有りません。 有っても9時間働いて20分です。 

収益が上がっても上納金のようなものをとられ、働かない人にお金が行っています。 

また、毎月15%ぐらい所内の収益からそちらにまわっています。

先月私が手を痛めたら働く場で子供たちに何かあったらここの責任になってしまうので

ちゃんと治るまで来ないでくれと言われました。

それだけでなく持病(その病気でどうのこうのというわけでもないのに)も直してしてきて
ほしいと言われました。

その病気は医師と相談の上に決めていることで今すぐどうのこうのと言う病気では
ないのに、

新しい人を雇ったので、私が邪魔で辞めてもらいたいので、そういったのには

間違いありません。

なんだかんだと言葉尻をとって難癖をつけて辞めさせたいのです。

その事務所はみんな文書を書くのが好きでないので、私がしていたら、まるで

掃除をさぼろうとしてそうしているように取られてのには、がっかりしました。

皆に聞いてから、だれか報告書を記入してと言っても誰もする気がなかったので

していただけなのに・・・

今まで真面目にやってきて御休み時間も取らずにいて、前月の振り返りを書くにも

会社ではする時間がなかったので仕事を自宅に持って帰ってやったこともあるのに


ようするに役に立たなくなったから、ポイ捨てです。

上司は私のいう言葉一つ一つに難癖をつけてまるで意地悪ばあさんのようでした。

ワーカーズコープとは名ばかりの労働者協同組合です。旧態然とした大正時代の

会社と思った方が良いです。

現在就業中のものです。
アルバイトであっても割増賃金は出ないとキッパリ言われました正直驚いています。『法律違反します^_−☆』と言われたも同然ですから失笑です。
多分全員が管理職だから14条が適応されると言うんでしょうね
出勤退勤の時間は自分で厳密に管理してきっちり請求するつもりですが、休憩なく働いている職員の皆さんが搾取されていることに気が付かずに日々従事なさっているのをみていると居た堪れない気持ちになります。
それに加え新聞、積立金、出資金など天引きまでされて、健康診断まで実費とは空いた口が塞がりません
早急に退団予定です、社会主義の巣窟の様な団体でした。

ワーカースコープの問題点①
ノウハウの積み重ねが薄いので基本素人が多い。現場に一人も詳しい人がいない。
ワーカースコープの問題点②
やたらと給料からいろいろ引かれる。給料明細を見てはじめて「あれっ」と思うことも。
ワーカースコープの問題点③
各現場と本部の仕事はまったく別なので互いを手助けできない。
ワーカースコープの問題点④
長く働くことができない。平の組合員はほぼ使い捨て。
ワーカースコープの問題点⑤
幹部は人の話を聞かない。耳を傾けることもない。でもやたらと会議、集会を開く。
ワーカースコープの問題点⑥
みんなで話し合って決めるという建前があるが、大事なことほど会議前に決定済。
ワーカースコープの問題点⑦
無関係な他の現場や他の事業の報告を聞く機会が多い。
ワーカースコープの問題点⑧
問答無用で買わされたり、強制的に参加させられたりする。


公開ありがとうございます。
先週、新しい会社の社会保険で健康診断を受けてきました。ワーカーズコープに雇用された時は来週から勤務してと言われたので入社前の検診を受ける時間もなく、雇用されてからも本部から健康診断の話は一切ありませんでした。
事業者は、労働安全衛生法66条に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければならないとあります。ワーカーズコープの本部役員は法律違反をしているという自覚がないだけでなく、法律自体を知らないのだと思います。労務管理もろくにできない組織です。予算の福利厚生費に、労働者の検診代は含まれていないのでしょう。
労働基準監督署の方がこれを見て頂いたのであれば、労働者の為にも全国のワーカーズコープの事業所を監査して頂く事を切に願います。健康診断の記録など皆無だと思います。健康診断も受けさせず労働者を酷使し、労働者から出資金などを搾取するだけの集団です。本当に近づいてはいけません。

 いもしない資格持ちをいると嘘をついて公共事業を受託するブラック集団です。私がそうでした。入札額の中の人件費を押さえられ、説明を求めてもはぐらかされ、残業代、手当などもカットされました。そのくせ現場は従事者任せ。本部役員は素人ですからわかるはずもありません。
 行政などの方々、間違ってもここを受託先に選ばないで下さい。利用者のためでも、労働者のためでもなく、税金を搾取する事がこの組織の目的なのです。これを声を大にして、日本中に広めたいのです。

初めまして。宜しくお願いいたします。
埼玉のワーカーズコープ求人がマイナビより出ていて応募しました。一時通過ということで、休日を利用し調べていてこちらにたどり着きました。
現実を知ることが出来て助かりました。ありがとうございます。

給料を貰えたらいい方だと考えるべき所だと思います。
運営スタッフとして自分が警察にご厄介になりそうな危ないことにならないのか怪しい危ない橋を渡る毎日。
本当のボランティア、福祉という観点とは違う世界です。
一番に被害に合うのは、それを利用する側の人。

給料も貰えるかもしれない場所と捉えるのであれば、
あそこの給料計算の時間単位ば、ありえない設定。取れなかった休憩分は、給料に入れていいといいながら平気で計算がおかしいとカットされます。

こちらなどで対処方法を伺い、安全に退職させて頂きましたが、
労基などは、たらい回しのうえに、またたらい回す始末で。
すぐに対応して頂けるように警察などへ行くと、
お役所の裏にあるからという理由だけで、警察の方は問題のない施設だと判断されていらっしゃいました。

働く場所が無く、●●免許を持っているので、求人情報サイトでワーカーズコープで児童館勤務の非正規職員に応募、採用されたのですが、●週間以上働いても、時給を提示されず、また、仕事の内容についても、一度だけ、研修と称してある児童館でいきなり子どもたちの相手をさせられ、しかも、協同労働とは言いながら、周りの職員は具体的な仕事内容についてレクチャーもしてくれず、何も教えてくれません。或る友人から、あそこは怪しいと言われたのですが・・。出資金や新聞の強制購読、社会保険料を引かれると、殆ど、給料が無いのではないかと心配です。

今年から被災地の事業所で働いています。
労働条件自体は悪くないのですが…そもそも事業所内に「●●おこし」とやらを分かっている人間がいません。地元の調査をして企画を立てても進め方が正しいのかも分かりません。
開催される集会も、意図や意味が分かりません。

…最近隣の県の事業所が潰れたと聞きました…

去年の東日本大震災後、いかにも被災者を救うような文言で説明会、人集めをしています。被災地の復興予算を使い地元にお金を落とさず全て本部に行くようなやり方です。事務局の人間は被災地の人間ではありません。そんな人間がいかにも被災者のためのような言い方で、被災者から出資金、さらに地元の人から賛同金を持っていこうとしています。地元の方にお世話になるのだから、地元にお金を落としていくのが始めの仕事でしょう。地元の素人人間を集め復興予算を被災地から持っていくという、ある種の宗教団体です。被災地での雇用が厳しい現実につけ込んだ弱いものいじめみたいな組織です。

ここは不当労働だらけだよ!俺は事務局として働いていたが児童館を管理するとき働く人がいないからといい、教員免許を持っている俺が、書面上職員、しかも、清掃のスタッフが辞めると、自動的に清掃スタッフ、清掃の仕事が終われば、残業で事務作業、しかも所長から書類を持ってこいだの、なんだのつかいっぱしり、一ヶ月休みなしの月もあったな。毎月の給料から天引きされながらわずかしかない給料で、辞める前は有給1日も使わせてくれなかったし、事務のおばちゃんに明日から来ない旨を伝えるトンズラしたけどね。いい噂聞かないな。なんでも、人を募集する前に指定管理とるし、しかも格安で、ここはいつか訴えられるよ。

この7月から仕事をするようになってますが、出資金があるとかいう説明をきいて、納得いかないものがありますが、就職するところがなくて、どうするかと迷いながら行くのが辛いです。
パートで働くひとも出資金を払うのですか?

一般名詞としてのワーカーズコープである団体の「仕事●●」という名の営業活動は、組合運動の一環とされ、どんなにやっても無給でした。しかも、やらなければ3月で退職してもらうと脅されました。休日深夜関係なく指定管理用の申請書や収支予算書を作成し、役所でのプレゼンでは出来もしない事業を出来ると言い、居もしない資格者を居ると言いました。結局私のいる事業所は、次期指定管理の更新がないため全員が仕事を失います。本部職員いわく、新たな指定管理を取ってこなかった組合員が悪いのだということです。また、収入がなくなるだけで、仕事起し運動は自由に続けられるから、その団体から解雇予告なるものは存在しないということです。結局全員「退団希望」なるものを書かされました。そうしないと、出資金や積立金が戻ってこないからです。自己都合の退職を余儀なくされ、本当にどうしたらよいかわかりません。どんなに仕事がなくて困っていても、こうした団体にだけは入らないで下さい。労働者が不利になるように組織ができています。

1か月前に仕事を辞めると所長に伝えました。その結果上にそれが伝わり、圧力がかかり辞めようにも辞められません。
日給6000円と月給16万あるいは、所長以上の方々の給料の違いは何かと聞いたら、役割(仕事の内容)が違うという答えでした。が、給与体系では釈然としないペーパーを渡されましただけです。残業、早出代無し、でせめて社会保険に入れていることくらいが、救いの、長時間労働を強いられている者より。

私もまさにこのような団体で働いていました。
絶対に関わらない方がいいです。
口がうまいし、言っている事は綺麗だから
辞める時には周りの大反対がありました。
しかしここはある意味働いてみないとわからないのかもしれません。

最初はただの雑用係や簡単な事務をする仕事で入ったのに
最後は責任倍増な仕事を何個も掛け持ちでさせられたのに給料は一円も上がらず
残業しても勿論残業代はでないし
謎の気持ち悪い集会にでるため休日出勤させられても出張しても何の手当てもでません。
積立金を強要されるし、その積み立てた金の使い道も不透明で納得いきません。
手違いで最高幹部たちの給料明細を見てしまった時愕然としました。
下っぱ組合員の私の7倍くらいでした。

書けばキリがないです。
最悪です。

周りに酷く罵られようが辞めて良かったです。
こんな団体に入ってた事自体消したい過去です。

 「名ばかりワーカーズコープ」ご指摘の団体に対し、残業と賞与未払い等の不正について労働審判を申し立てました。試行錯誤の上、早々と想定の範囲内の金額を取り戻すことができました。
 基本的に労働審判は短期解決というメリットがありますので、トラブルでお困りの方は、事前に公的機関や専門家に相談しながら利用する事をお勧めします。
 今回この悪質(特に主要メンバー)な団体に属して実感した事は、組織(関わる人)の実態や本質を見抜く力、“理知”の向上が必要不可欠だという事です。皆さんも、くれぐれもお気を付けを・・

つい最近、就職した先がワーカーズコープですが、組合費に積立が目標として月収の二倍なんて無茶苦茶です。文句無しに給料から天引きされ、仕事も8日連続勤務等もあり…かなりきつく後悔しています。積立は、解雇の場合帰ってこないらしいです。最低賃金ピッタリの時給でキツイ肉体労働。労働者が経営者?なんて嘘ですよ!上の言う事には逆らえません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154408/43803690

この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかり『ワーカーズコープ』に気をつけて!:

» ボランティアセンターのYさん事件・仮処分申し立ての審尋(審理)五回目があります。 [ボランティアセンターのYさんを支える会]
現在、YさんはNPO法人ワーカーズコープに対して、地位確認の仮処分申し立てを行っています。 2月17日、14時00分から地方裁判所にて、第五回目の審尋(審理)があります。 応援してくださる方は、13時50分頃に、名古屋地方裁判所の2階ロビーにお越しください。 仮処分の審理は1時間ほどで終了し、2会のロビーにて報告を行いますので、その時刻にお越しいただいても結構です。 今回までのらすじ… Yさん側は、NPO法人ワーカーズコープに対して、解雇の無効と職場復帰を求めて提訴しました。 NPO法人ワ... [続きを読む]

» ワーカーズコープ、男性解雇を撤回 [酒井徹の日々改善]
――男性側弁護士「勝利的和解でなく勝利和解」―― ■なごやボランティアNPOセンター解雇事件 名古屋市から NPO法人が指定管理を受けている 「なごやボランティアNPOセンター」で 労働組合を結成して 書記長を務めた男性職員(35歳)が、 解雇されたのは不当であるとして 名古屋地裁に提訴していた事件で、 今年3月30日に法人側が解雇を撤回し 和解が成立した。 男性と和解したのは NPO法人ワーカーズコープ。 ワーカーズコープは 2009年6月5日付での解雇を撤回し... [続きを読む]

« 電子印鑑はいかが?(代書やさんのDocuWorks その5) | トップページ | 受験生活はじまる »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック