« 依頼者層の微妙な変化 | トップページ | 恐るべし、反訳書 »

恐るべし、ファンコン

昨晩寝たのは、21時45分。

今朝起きたのは、9時53分。

目覚ましをかけずに床についたら…こんなことになりました。

風邪をひいたのです。

風邪をひくにもパターンがあって、12日の夕方には始まったのがわかったために準備に入ります。

  • まず薬局に行き、粉末のきんかん湯・葛根湯・ドリンク剤を仕入れます。
  • クリームシチューを4皿分作ります。カボチャを入れるのがミソです。
  • 一袋38円のうどんを二食分、買っておきます。

とりあえずこれだけあると、一人暮らしでぐったりしてても二日は乗り切れます。あとはひたすら眠りこけて自然治癒を待つ…か、二日放っておいて直らない場合はもれなく一週間潰れるパターンが待っています。昨日は電話は出ないわ打ち合わせは延ばすわ補助者さまには出勤停止を要請するわで徹底してなにもせず寝て過ごし、夜はまるで子供のような就寝時刻でさらに寝て過ごし…今朝。

 体のふしぶしに痛みは残っていますが、前の日ほど頭痛もせず鼻水もでてきません。どうやら今冬第一回目の風邪からは短期で釈放されたようです。

 しかし。明日から火曜日まで、人に会う用事が毎日入っています。どうあっても治してしまわないと大変なことになってしまうため、今日もゆっくりゆっくり過ごします。そんななか、暇つぶしには絶好のアイテムがゆうパックでやってきました。

 先週末にヤフオクで落札した中古のファンコントローラーです。お値段6000円。

 当事務所で最速のコンピュータ…といっても6年前の基準でなら速かっただろうAthlonMP1200のデュアルCPU搭載機なんですが、まるで風量最大の扇風機のような騒音を発するのです。このおかげで、戦力としては最強なのに作業性が最悪という状況にありました。なら騒音の原因たるCPUファンを適切に制御できれば静かになるのではないか、と思っていろいろとファンコントローラーを探していたら、すでに生産中止となった製品がいちばんよさそうだ、と判明(失笑)

 しょうがないのヤフオクで出品をチェックすること10ヶ月。中古のくせに発売時の新品の価格より高い6000円~ときには1万円弱が落札価格となっており(これには不正を疑いますが)漫然と入札することができませんでした。それが最近、同じ品物が違う出品者から二つ出品されたために競争者なく落札できたのです。

 で、待った甲斐あって装備の効果は革命的でした。通常時には、これまでの半分程度の回転数でファンを回し全然騒音を感じない程度に運転する一方、試しに●●な動画を再生させて高負荷を掛けてみるとCPU温度の上昇を検知して時折ファンを高速にして冷却しては低速に戻る、という動作を勝手に繰り返します。賢いです。こんなことならもっとはやくやってりゃよかった!というのはお約束なんですが、さて今回の改装でさらにどれだけ延命できるのか、がナゾです。どうせ最近のマザーボードはどれもファンをコントロールする機能は実装してるに決まってるので、案外活躍の期間は短いかもしれません。さらに考えてみると…もともとがヤフオクで中古で買ったこのPC、

  1.  電源を取り替えて
  2.  マザーボードを取り替えて
  3.  グラフィックボードを取り替えて
  4.  ケースを取り替えて
  5.  キーボードを取り替えて
  6.  ハードディスクを取り替えて
  7.  CPUファンを一つ取り替えて
  8.  ファンコントローラーを取り付けた

このマシンは…購入時とは全く異なる個性を持った何者か、になってる気もします。あれ?

« 依頼者層の微妙な変化 | トップページ | 恐るべし、反訳書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし、ファンコン:

« 依頼者層の微妙な変化 | トップページ | 恐るべし、反訳書 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31