« 恐るべし、反訳書 | トップページ | 汽笛・紅葉・海の風 »

横浜へ、傍聴に

横浜へ、傍聴に
九州のお客さまに送る訴状案をなんとか書き上げて、睡眠時間2時間でやってきたのは朝の名鉄鳴海駅。まだコートが必要なほど寒くはありません。西に送った訴状案に背を向けて、今日は東に向かいます。

7時05分発の列車に乗れば、知立から東京行き高速バス『知多シーガル2号』に乗ることができます。午後の期日の傍聴には、この行程でも間に合うのです。

今回の出張のメニューは傍聴と打ち合わせが一件、出張相談が一件、現地調査が一件。明日少し時間が空くので、鎌倉に行ってみたいな、と思っています。
…と、呑気な記事を書いてたら!

いつもは遅れてくるバスが、今日に限って早着してます!
バスの背中目指してかけた200Mダッシュは、報われました。定刻より15秒遅れで、発車です。

« 恐るべし、反訳書 | トップページ | 汽笛・紅葉・海の風 »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜へ、傍聴に:

« 恐るべし、反訳書 | トップページ | 汽笛・紅葉・海の風 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30