« 溶岩道路に日は落ちて | トップページ | 何か 新しいことを »

『真の幸せ』5分だけ

『真の幸せ』5分だけ
肥薩線真幸駅です。列車はここで5分止まります。

真の幸せ→真幸、ということでプラットフォームに幸せの鐘が設置され、幸せになりたい程度に応じて1〜3回鳴らすように、とのこと。

その光景をみながら、考えこんでしまいます。

僕がこの旅の前後で会った人たちなら、はたして何回鳴らそうとするでしょう?

どうみても困ってそうに見えない人、紛争解決への道筋がおかしな人、おっかなびっくりではあるが僕と歩きだそうとする人、敗北への道を、みずから選んだ人、勝利をかみしめる人。

彼らはその時点ではその選択を是としたわけですが、さてそれが幸福につながるものかは全く不明です。

ちなみに僕は、その鐘を鳴らす気にはなれませんでした。

« 溶岩道路に日は落ちて | トップページ | 何か 新しいことを »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『真の幸せ』5分だけ:

« 溶岩道路に日は落ちて | トップページ | 何か 新しいことを »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30