« 新機種は、いつも遅れてやってくる | トップページ | 『立会』ということばをご存じですか »

何かを やったら そうなった。

 先頃導入した、kodakのi40というスキャナ。僕はヤフオクで8750円で購入できたのですが、安い代わりに添付ソフトウェアが『英語版』ということになっています。kodakの日本のウェブサイトでは、この添付ソフトもデバイスドライバも入手できません。

 しょうがないので太平洋の向こうにある本家(と言ったら妙なんですが)kodakのウェブサイトから、最新のファームウェア・デバイスドライバ・今回の記事のネタであるCapture Software Lite6.11をダウンロードしてインストールを終えたのが今週の日曜日のこと。この時点でCapture Software Liteをインストールする際には、言語の設定で日本語の選択肢が存在せず、英語・ドイツ語・フランス語ほかいくつかの言語が選べるほか、グレイアウトした状態で『Unicode』というチェックボックスがありました。仕方ないので英語を選び、おそるおそるといった風情で運用に入ったのですが…

 これらのインストールの際にいろいろとよくわからないもの達まで入ったらしく、コントロールパネル内の『アプリケーションの追加と削除』で、心当たりのないアプリケーションが並ぶようになりました。愉快でないので一つ一つ消して行ったら、いきなりCapture Software Liteが起動しなくなりました(汗)dllが無いとか言ってます。

 ~しょうがないので元来た道を戻る、といいましょうか、消していったアプリケーションを軒並み再インストールして、最後にCapture Software Liteをインストールしようとしたのが1時間前のこと。

 今度は言語の選択で、グレイアウトしていたはずの『Unicode』が選択できるようになっています。ただ、言語の選択欄には日本語とか、Japaneseと言った文字はありません。

 恐いもの見たさでチェックをかけてみたら…

 今回は、『日本語』が選択肢としてでてきました。

 なぜ!

 当惑しつつもありがたく、日本語を選択させていただきます。原因不明再現不能、というより元の黙阿弥になるのが恐くて再試行できないのですが、いま僕の事務所のCapture Software Lite6.11は、元気に日本語版に化けて動いています。

 一体なにをどうやればそうなるのかはわからないが、効果はあるから使う、というのはあまり愉快でないのですが、さて冒頭のリンクのとおり、同型のスキャナはたくさん出品されています。この購入者の皆さん方がどんな環境でこのスキャナを使っているのかは、興味があるところです。

 さて、望んでやったわけではありませんが、これでまた事務所のPC環境が便利になりました。作業は本来の仕事の合間を縫って(というより、本業が煮詰まったときに)行っていたのですが、この二日ほどで、出さなければならない準備書面を二つとも出してしまえます。少し余裕がでてきたところで、ここは一つ、このスキャナが全力で稼働するところをそろそろ見せてもらおうかと、研修資料の背表紙を剥いでページをバラバラにする作業もすすめています。

 ところで。

 このスキャナが本当に全力運転すると、『紙の』加除式の書籍の存在が無意味になりかねない気がするのですが…どうなんでしょう。

 PDA(僕は東芝のgenio e830をソフトウェアごとにVGAにして使っています)でPDFが見られる態勢と連携すると、書棚一個分の資料が直ちに検索可能な状態で手のひらサイズに収まってしまう時代が一ヶ月後ぐらいに来そうです。何しろ加除式は、製本済みの資料とちがって背表紙を取っぱらう作業がないので。

 つまり。

 ただでさえ物のないこの家から、さらに一層、物が(正確には、紙媒体資料が)無くなっていくわけで…

 この記事を見たお客さまや、僕の部屋の『なにもなさ』をよく知っている古悪友氏がどう反応するか楽しみになってきました。まぁ、そう極端にはしないつもりですがね。

« 新機種は、いつも遅れてやってくる | トップページ | 『立会』ということばをご存じですか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かを やったら そうなった。:

« 新機種は、いつも遅れてやってくる | トップページ | 『立会』ということばをご存じですか »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31