« 17時10分 東名本宿 | トップページ | 史上最短新幹線乗車 »

一杯呑みましょ、日のあるうちに

一杯呑みましょ、日のあるうちに
書記官氏が、ニタリと笑っていいました。

「第一号です。勉強になりました」

ここは北関東某独立簡裁事務室。僕の書類は、無事に受理してもらえました。

雰囲気が和んだところで、試しに聞いてみます。

−僕より遠くの弁護士さんか司法書士さん、いらっしゃいます?−

「島根の人がいます」
−うっ!−

思わず後ずさりしたタイミングを見計らって、なおも続けます。

「ただし、まだいらっしゃってません」

僕はいま、ある申し立てでその独立簡裁第一号の申請者兼最遠距離出頭者になりました。仕事も終わったことですし、一杯あけることにします。

一駅だけの新幹線で、ゆっくりはできませんが。

« 17時10分 東名本宿 | トップページ | 史上最短新幹線乗車 »

お客さまの声」カテゴリの記事

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

最遠距離出頭者は頷けますが、第一号申請者!?とは驚きました。
1人でビールを片手にしている先生の姿が目に浮かびます。暑い中お疲れ様でした。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154408/15896410

この記事へのトラックバック一覧です: 一杯呑みましょ、日のあるうちに:

« 17時10分 東名本宿 | トップページ | 史上最短新幹線乗車 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック