« 打たれ弱い相談希望者 | トップページ | あと1日で あと1件! »

目覚めれば そこはトイレ。

 本日の静岡県西部地方は快晴でした。朝の光が窓からいっぱいに差し込んできます。

 高さ30㎝×幅60㎝の窓から。

 実はきのう『2万円』さんがコメントを放っているその瞬間、僕はお客さま宅のトイレで文字通り沈没していたのです。よってブログの更新もお休み。

 今日は、というより今日も、酒席で『やらかした』はなしです。そのうち当ブログも、カテゴリーを新設してこの話を集約しないといけないかも。


 さてさて当事務所には、いろんな職種のお客さまがいらっしゃいます。久しぶりに静岡県内からご依頼の今回のお客さまは、ちょっとしたご事情があって、僕の高校時代の先生方をよく知っていらっしゃる。これをきっかけに話が盛り上がり、食卓にならんだ大ご馳走だけ綺麗にいただいて帰るつもりが、腰に根が生えました。

 しかもこのお宅では、腰に生えた根にやる肥料として結構な量の日本酒を僕に投与してくださいまして…

 ビール→ワイン→日本酒という流れを経て腰に根が生えたと思ったら、日付が変わったあたりで腰が抜けました。素敵な奥様から注がれるままに頂いていたら、滅多にやってこずお客さまの前では一度も見せたことがなかった、飲み過ぎによる破断界が一瞬でやってきたのです。そりゃもうなんの気配もなしに。まさにおそるべし、●本盛(笑)

 その後のお客さまの証言によれば、食卓を立って数分後に便器を抱きかかえている酔っぱらい(職業:自称旅行書士33歳男性)の変わり果てた姿を発見、布団を掛けて保護した由。

 僕は半分吹っ飛んだ意識のなかで『ごめんなさい』だか『すいません』だかを連発しながらそのまま気持ちよーくトイレで眠りにつき、翌朝トイレの扉が開いているのに気づいたご家族にさらに発見されて目が覚めた…のが冒頭の情景でございます。

 ですがまぁ、これだけ道を踏み外してもこのお宅には出入り禁止にならないらしく、来週またこちらにお伺いすることになりました。よって12月5日はもう一件、出張追加です。

 で、僕は一体どの面下げてこのお宅に参上したらいいのでしょうかワタシ?ご依頼の内容上、今後結構な期間のおつきあいが続きます。

 誰か、誰か教えてくださいよぉ(泣)

« 打たれ弱い相談希望者 | トップページ | あと1日で あと1件! »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めれば そこはトイレ。:

« 打たれ弱い相談希望者 | トップページ | あと1日で あと1件! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30