« 風邪? | トップページ | さくら通りであいましょう »

病み上がり書士 再始動です

今回の風邪のピークは早かったです。月曜日におかしくなって火曜日には一日お布団のなかで起案して、水曜日には少しよくなったので木曜日の仕事を追い込んで夜なべ仕事(徹夜を覚悟したのですが、意外に速く朝5時過ぎに一旦終了。3時間も寝ることができた)、午後は久しぶりに外に出て打ち合わせを実施してきました。

いちばん肝心な文書構成を寝床の中でおこなった(最初の3行決まったーっ ウゴゲホっ てなかんじで)にもかかわらず、完成した書類は極めて好意的な評価を得ることができたのですが、なによりよかったのはその打ち合わせで、今後たどり着くべきハッピーエンドの有様が明確になったこと。来週から、晴れて新作戦の発動です。ところで読者のみなさま方、

怪文書って どーやって書くんでしょうねぇ?(猛爆)

↑こんなこと書くとまた、品行方正公明正大清廉潔白な『登記は他の事務所へw』さんが目くじら立てそうですがね。まぁここは当たり前のことを当たり前にやって仕事が済む事務所じゃないんで。

今日は一日図書館に行って調べてきたんですが、『よくわかる怪文書の書き方』『怪文書文例180』『新入社員のための怪文書作成マニュアル』とか言う本は一冊もなくて(あったりまえだっ)、今回の作戦行動では僕がこれから起案する文書がかなり重要な役割を果たしてくるのです。しかもその文書の味付けでもっとも肝心なのは

正確な情報を伝え、受信者に信用してもらい、かつ発信源を誤断させること

 目的がはっきりしているから製作方針は立ったとはいえ、こりゃまたなんとも、難易度の高いお仕事でございますよ。僕も代書人生活4年目に突入してますが、怪文書の代書は初めてです(笑)。

 まぁ今回の事案では、お客さま以外の第三者に作成文書を評価していただいて、いわば能力を買ってもらってのご依頼続行(でしたよね?とお客さまに確認してみたりします…この方も当ブログを毎日チェックしていただいているので)ですので、これからの作戦行動も大変やりがいがあるのですが、現段階ではいっそ女性の文字で手書きさせて最後を『かしこ』で締めくくってやろうかしらん、と思っていますよ。これならこれで、一種のストーリーを完全にでっちあげてやることもできます。発信者の性別も年齢もいつわって。


 と、ゆーわけでこのお客さまに業務連絡。

僕をなだ万で接待してくださるのは勝った後にして、さしあたり和紙製のいい便箋を買っといてくださいね。


 ってのは半分冗談ですがあるいは本気…かも。

ただこの(怪)文書のもう一つの目的=一種の労働紛争と見て、被害者をついでにもう一人助ける、という線を強調する(ふりを、受信者に対してする)ならばそれもよいのかもしれませんよ。なりきるならば徹底しないといけませんから、字のうまいご家族に協力依頼をしておくのもよいでしょう。

 ところで読者のみなさま方、たとえば先日いただいた『登記は他の事務所へw』さんのコメントもそうなんですが、実はこれなんかは、コメントをいただいたこの記事そのものが彼への引っかけのために作られたモノでして(・・・あ、言ってませんでしたっけ?てへへ)。

 債務整理に邁進するまっとうな司法書士である彼を念入りに挑発した甲斐あって、少々遅れ気味でしたがこっちの期待通りの投稿をいただくことができて満足です。じつはこれ、事務所で使う需要がいくつかあったんで。でなけりゃ僕もああまで書きませんよ。その狙いがわかりませんでしたかねぇ、ふふっ。ただ、本気で作らないと相手も乗ってこないことは、はたで見ている読者ご一同さまにもおわかりいただかないと困ります。それが当事務所の価値なのでね。

 ことほど左様に私文書をやりとりして私人を思い通りに動かすってのは難しいもんなのですが…まあ、やってみますよ。僕もなだ万でお食事ができる機会はのがしたくないから(ってそれかよ)

 来週はこの大作戦(僕が文字と言葉を操って手玉に取らねばならない人の人数は、これまで最大らしい)のほか、名古屋・東京・茨城へ新しい裁判書類を出す予定。極めてにぎやかなことになってきましたが、体が健康なら精神的に不健康でもなんとかなるでしょう。

 と、そんな僕のさらに上手を行く面を持つのが当事務所の補助者さまなんですが…素敵なコメントが入っています。都合の悪いときには入院してしまう政治家のように都合の悪いコメントをもらったら風邪を引いてしまう…なんてことはない…ですよ。たぶん。

さて、その補助者(さま)1号(かっこ内は筆者追記)のコメントをご参照いただいてから…

特別企画のお知らせです。題して


 『○○○ン』を探せ! -素敵な補助者の残置物件-


 ってな感じで。さああなたも、彼女が当事務所に忘れてきた『○○○ン』が何かを探して旅行書士の生殺与奪の権を手にしてみませんか(笑)

 さすがにこれをコメントされたときには、『あの格好』でベランダに出られたのと同じくらい肝が冷えた(どんな格好だったかは絶対言えませんそりゃもう)のですが…この件はぼくもネタにする勇気がなかった(と、いうより、ネタにして楽しむだけの文書制作者としての技量がなかった)のに…でもまぁ仕掛けられたからには受けて立ちましょう。当意即妙のやりとりでは時に補助者さまのほうが洗練されているので今後もなにか気の利いた一撃を放ってくるかもしれませんけど。

 さて、彼女がコメントで示唆した『○○○ン』。わかった方先着1名様には依頼料金1割引きまたは相談1回無料にいたしましょう。回答は当ブログへのコメントあるいはメールでお知らせください。

一応、ヒントです。

  1. 室内で使います。よって、『エンジン』などではありません。
  2. 食べられません。『タウリン』など、食べられる物質でもありません。
  3. 厳密にカタカナ4文字で表記するのが正解です。『抵当ケン』とか、そういう無理矢理な表記はなし(そりゃ抵当権を忘れていく補助者さまなんていないよ…)
  4. 財産価値は、一般的に高くありません。
  5. その割に、妄想たくましく構成した場合僕の社会的生命を抹殺するだけの怪文書ができあがります(笑 ネタとしてこれを選んでくるのは、すなわち補助者さまの能力が高い証拠です)

なお最後に、コメントをいただいた時のこの補助者さまのハンドルネームは『補助者1号』だったのですが、当事務所既定により、補助者(さま)1号と変更させていただきました。

じゃ、僕と補助者さま二人して、読者の皆様の素敵な邪推もとい、ご推測の披露をお待ちしておりますよ。明日から、健康な肉体と不健康な精神で平常業務に復帰です。皆様ご心配をいただき、ありがとうございました。

« 風邪? | トップページ | さくら通りであいましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

復帰されたようで、安心致しました。
補助者と致しましては大変心配な限りでして…
決して、ブログ補正・追記が思いっきりできないとか暴露できないとかそんな理由ではございません。
《『あの格好』でベランダに出られた》そうでしたね。
先生がお婿に行けなくなるような事をしてしまって深~く反省しております。

補助者は、風邪がうつっても仕方が無い状況になっていましたのに(どんな状況かはとても言えません。)、元気いっぱいでございます。

それでは、今後もお体お大事になさってくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風邪? | トップページ | さくら通りであいましょう »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31