« 『いっ・・・?』 | トップページ | 救急搬送! »

どっちもどっちな原告被告

 33歳独身男性彼女無し恋愛経験ほとんど無し、という、男女関係にかんする経験についてはかなーり悲惨なカタログスペックの旅行書士。それが当ウェブサイトの管理人です。

 当然ながら苦手なのは離婚だの財産分与だのといった事案です。これらを受託するにあたっては、お客さまに

あのー わたくし離婚どころか結婚経験すらないんですが、そんな奴に任せちゃっていいんですか?微妙なところで感情の機微がつかめないかもしれませんよ云々

 と、かなりわかりやすいインフォームドコンセント(笑 身も蓋もない自白ともいう)を経てようやく受任することにしています。そうした事案は大体、年に1回はございまして…

今年も来ました。年に最低一回の試練が。

 但し今回は男女関係のもつれを扱う事案とは言え、ちと毛色が違います。訴訟です。もちろん労働事案ではありません。ただし相手には例によって弁護士付き。ま、それは別にどうだっていい。

 今回は僕が支援することになったのは被告側なのですが…訴状と一緒に送達された甲号証所載の

『愛している』

という言葉がいまとなっては、なんとも薄っぺらくみえる、そんな事案であることは事実です。

 恋愛経験がほとんどない僕から見ても、この言葉をこんなに安易に使っていいとは考えられないし、事実関係をたどる限り、そうした言葉の連発で男が目指したのは、単に肉体関係の維持だとしか思えない。

 と、言うことで。敵の敵は味方、とばかりにその反対陣営を支援すること自体は一も二もなく決定したのですが、正直こっちもなかなかやましいね、というのが現状です。

 しかたがないので今回は思い入れ抜きでもっぱら法技術的に、敵の侵攻に対して遅滞戦術をとると見せかけて三段階の縦深を持つ防御陣地で迎撃し、敵兵力を拘束している間に遊撃戦を展開して疲弊させ、最終的には第二線陣地を拠点に決戦を強要して敵侵攻兵力の撃滅を目指す、そんな作戦を発動するのですが…


でもこれは、聖戦じゃないよ


 と、参謀長としてお客さまには申し渡してあります。

 この事案ではどちらにも正義などなく、程度の差こそあれ責められるべき行為に走った奴3名と、性欲全開なくせに責任無能力の馬鹿1名がいるだけ。よって本件事案でいちばん大事なのは、自分のやましさの自覚だと。

 そんなときに作る準備書面は当然、いつもより味付けが辛いのですが…お客さまに文案を送って、採否の判断を仰いでいます。

 あるページを採用すると、全面戦争になる、そんな仕掛けを施して。明日になればそれがわかります。

 それに比べれば労働事案は天国です!払うもんは払わんかいオラ、で思い切り突っ走っていい。裁判上おこなう切った張ったも、準備のための打ち合わせや現地調査も、時にお客さまを巻き込んで陽性です。

 ・・・などという文章表現を読んでおびえているかもしれない『うにねこ』さんへ業務連絡です。

 コメントどうもありがとうございました。僕の力が必要な日が来た方がよいのか、こない方がよいのかについてはかなり複雑な問題ですよたしかに。僕にも判断がつきかねます(笑)

 ただ、まぁそうですね。その辺を考える頭だけは常に持っていてくれれば、この怪しい事務所も使いでがあると思います。実際問題として今日扱った記事の事案ほどひどくはなくても、理非曲直の判断が難しい事案というのは多々あって、そうした面をうにねこさんの案件も持っている、すくなくともそうした一面はあります。

 肝心なのはそのへんの弱さ、あるいはやましさと言うべき要素に真摯に向き合えるか否か、なのだと思いますよ。

 たとえば今日の記事だって、言語と論理を駆使して依頼人を勝たせることは可能ですが、だからといってその依頼人が当然面して正当性を主張するようなら、僕はとっとと逃げ出します。そのあたりも見極めるために裁判書類作成の受託には直接の面談が必須、にしているわけで。

 ですのでまぁ、必要だと思ったらいつでもよんでやって下さい。タイムカード、みつかるといいですね。なお、記入のメールアドレスは、一般公開されるのは好ましくないと判断し、削除しておきました。

« 『いっ・・・?』 | トップページ | 救急搬送! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

お客さまの声」カテゴリの記事

コメント

中○か○りです。
先生に報告させていただきます!。
先生のおかげで、10月6日に無事にめでたく?入籍し、
よって私は『〇川か〇り』になりました。
彼は新しい会社に採用され、今のところ無事に通っています。地元では大きい会社で、今までの様な仕事を
管理する仕事なので、肉体的には楽になったようですが“勉強しないと付いていけないぞ~”という感じです。
先生に助けていただかなかったら、彼はいつか過労死をしていたかもしれないし…なかなか退職する勇気がでなかったでしょうし…会社を辞めても、無事に多額の未払い賃金を貰えていたとはとても思えないし…
私はずっと寂しく不安な日々を送っていたと思います。でも、おかげさまで、百数十万円の未払い賃金を取ることができ、また、その過程で彼が厳しい状況にきちんと向き合ったり、訴訟で闘う決心をしたり、先生が“あの手この手”で見事に闘っていくのを見たりということが、彼を強くさせたと思います。
そしてそんな中で、労働問題をそっちのけにして“結婚歴もなく恋愛経験も少ないという先生”に“バツイチ同士で同棲”の私達が再婚だの愛情だのについて泣きながら相談し、大変ご迷惑をお掛けしましたよね。
でも、一緒に涙してくださったことは本当に嬉しかったですし、先生ならではの純粋な質問や意見に“ハッ”とし、私達が忘れていた何かを考えさせられました。そんなこんなで?!、結局、訴訟にもならず多額の未払い賃金を手にさせていただき、新婚旅行にも行くことができました。本当にありがとうございます。
先生は、恋愛経験が無かろうが、何がどうだろうが、先生ならではの発想や行動力で人を幸せに導くことができたのです!これからも無理のないように頑張ってくださいね。私達は、先生に離婚の問題を相談することのないように頑張ります!

うにねこです。すみません、言い忘れてました。
メルアドの件、ご配慮ありがとうございました。
こういう大事なところが抜けてるんですよね(恥)

こんにちは、うにねこです。
先生の文章表現におびえてはいませんが、つくづく当方の馬鹿さ加減に後悔しきりです。知らない、考えが及ばないというのは罪です。無知無頓着ゆえに自分を窮地に追い込むことも有り得ると。それでいながら当然のように権利を主張しようとしていたことを考えると、恥じ入るばかりです。
それでも先生がお話を聞いて下さって、感謝しております。
ところで先生、HPを拝見していて同年代の方かなとお見受けしておりましたが、やはりそうでしたか。
私も来月で33歳になります。だからってどうと言うこともないでしょうが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『いっ・・・?』 | トップページ | 救急搬送! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31