« ちょっとお出かけ 栃木まで。 | トップページ | 2万で買われたワタシ »

秋の相談『祭り』開催中?

 当事務所の相談は、一回2時間4000円を基本としています。

 これを一日二件以上やると、ちょっと頭がおかしくなります。何人かのお客さまからは指摘を受けているのですが、口が悪く腹黒いわりに相談者の悩みへの感応度が高い(入れ込みすぎる)面が僕にはあるらしく、相談を通じて感情移入した分こっちが悩んだり鬱になったり怒ったり泣いたり、ということになってしまう。

 そんな相談がこの三連休は、新しいお客さまので3件、継続中のお客さまのが3件、計6件あり、その合間を縫って飛び込んでくる各フォームからの問い合わせが4件、さらにその合間を縫って昨日訴状を1件出荷し、明日も訴状1件出荷&相談1件入っている、さらにさらに今週は明後日以降、相談がすでに3件設定済。今の気分を簡単に言うと

 きゃー(←裏声)

 ばたばた…(←右往左往)

  きゃー(←裏声)

  ばたばた…(←右往左往)

って感じですか。不意に叫び出したくなる今日この頃です。

 ところで、上記『きゃー ばたばた』は、知ってる人は知っている内輪ネタです。上方落語の『まんじゅうこわい』が原典。マイナーなネタですいませんね。

 さて、どうしてこうなってしまったのか、は原因全く不明です。よってこの祭りがいつまで続くのかも不明です。現象面では、当事務所ウェブサイトの『事務所概要』と『利用案内』を、当事務所の怪しさに言及する方向での改変を行った直後から問い合わせが一気に増えた(ほぼ倍増)のですが、まさかこれが理由だというなら、本当にこの業界、怪しいものと一般消費者に思われている→だから性格的に怪しい存在であることを否定しないこの事務所が、好感を呼んでしまう、ということ…なのかもしれません。それはそれで、嘆かわしいことです。

 しかしながら。先日、少々興味深い、あたらしい出会いがありました。終業間際にかかってきたその電話はなんとなんと、土地家屋調査士さんからです。

 さてここで当事務所の『おはようのない事務所で』をごらんいただいている方はおわかりだと思いますが、僕は以前土地家屋調査士行政書士事務所に勤めていたことがあり、その雇い主に対して労働訴訟を起こしています。しかもこの業界をコケにする、結構身も蓋もない描写がこのコンテンツには満載されており、それがまたこのコンテンツの人気の理由になっています。

 そしてそのかわりに、(その、元勤務先から約50m西にある)●宮の法務支局には恐くて立ち入れない=すれ違いざまに階段から突き落とされたりロットリングペンで刺されたりどこぞの開発区域の杭の根元に埋められても文句は言えない=だけの恨みは買っているはずだ、と自負しておりました。そんなところに夜、土地家屋調査士と名乗る人物から電話を受けてどきっとした(おもわず逃走経路を確認した)のですが。なんとなんと!

 あっちの業界にも、お客さまから見て真っ当な事務所運営を志す人がいるようなのです。ここでの『お客さま』は、仕事をばらまく不動産屋や金融屋どもではなくて、市井の普通に暮らしている人たち。あちらはあちらで僕の事務所を

 こんな事務所があったんですねぇ…

 とおっしゃってますが、僕は僕でそちらの事務所にそう言いたい気分です。最初の電話でいきなり一時間超話して、一度お会いできることになったのですが、その方もやはり

『(2時間4000円の相談は)もったいないのではないか』

 とおっしゃる。曰く、そうやっても一日3組程度の人としか会えないのだから、なにか他のやり方でもっと多くの人に影響を及ぼすことはできないのか、と。これに対しては

 ヤー だー よー。

 とは、申しておりませんが(喧嘩になるわいっ)その点ではちょっと目指す未来が違う。でも、その人の目指す未来は僕にとっても好意的に評価できるものです。土地家屋調査士事務所の利用者として見た場合に、ね。

 その辺を認めた上で、新しくその事務所と、なんらか緩やかな連携関係に入ることを考えています。これはこれで、大変結構なことです。その件でも近いうちに、この土地家屋調査士さんとお会いしなければならないのですが、ホワイトボードを見ると、今月中に出さねばならない書類は…

  1. 茨城行きの訴状(これは明日が納期)
  2. 東京行きの訴状
  3. 東京行きの民事調停申立書
  4. 名古屋市近郊行きの訴状

 もちろんみんな、労働関係(ひぇぇ)。まぁ、これだけやってもその土地家屋調査士さんとくらべて数分の一の売上高なのですが、今月も実質的に、新規依頼の受付を停止するかたちになりましょう。

 この状況下で要注目なのが、このつぎの週末です。まだ1件しか設定がありませんが、これが相談『祭り』になるようだと、いよいよ受託停止です。

 きゃー

 ばたばた…

  きゃー

  ばたばた…

« ちょっとお出かけ 栃木まで。 | トップページ | 2万で買われたワタシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2時間4,000円ですか?
私は借金問題3,000円
その他裁判関係5,000円
時間は無制限w、です(次の相談者がいる場合は2時間後にいれますが)。結果として1時間~2時間になりますね。最長時間は6時間というものがあります。私の相談が下手だったのでしょう。

登記相談は0円ですw。

某銀行の未払時間外手当8億円、との記事がありました。風が吹いたりして・・・。

「事例にみる 解雇効力の判断基準」という本を注文し、先日届きました。時間をみつけて読もうと思います。

栃木まで行かなければならないチョンボが何なのか気になります。
私もチョンボありますよ。債権者との和解書に
「金6万円」と書くべきところを、「金6円」というのが。過払いの返還だったので、債権者から「ありがとうございます」と言われてしまいました。
結果は、訂正で済みましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の相談『祭り』開催中?:

« ちょっとお出かけ 栃木まで。 | トップページ | 2万で買われたワタシ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31