« ここは実は、高速バスのブログなんです | トップページ | 秋からにぎやかなことになりそうです »

ラジペン片手に日報入力

 ぎこぎこぎこぎこ

 ぎこぎこぎこぎこ…ブツッ

 この三日ほど毎日こんなことをやっているのですが、いっこうにはかどりません。せめてこれだけはお客さまにやってもらうようお願いしてもよかったかも。

 今月いただいた割増賃金支払い請求訴訟の訴状作成依頼は、例によって延べ17ヶ月分の日報とタイムカードの記載状況をチェックし勤怠時刻を入力しなければいけません。

 それだけならいつもの作業だ、二日で済む、と踏んだのですが、例によって油断の陰にブログのネタは隠れていました。

 今回あずかった書類は、日報が各月ごとにホチキスでまとめてあり、ADFつきのスキャナをつかって一気に複写する(甲号証の番号も同時に付与する)ことまで考えると入力時にこれを全部はずしてしまう必要があるのです。

 それだけならいいのですが、妙に強力なホチキス針で綴じてあります。手では取れません。しかたがないので工具箱からラジオペンチを出動させます。紙に食い込んだ針足をまっすぐにし、おもむろに引っ張って…もともとこの種の作業が手際よくできないから代書やさんを職に選んだような人間なので、作業としては一本抜くのに2分かかるんじゃないのか、という遅さです。

 抜いた針を手にとり、鈴木は目を細めた。

 かすかにつややかな銀色に光るメッキ。肩幅11.5mmの端正な直線。長さ10mmの針足がしどけなくうねる姿がわずかに紙束と結ばれていた縁を止め、さながら後朝の別れを嘆く女の姿さえ思わせる。

 こいつは、M●XのMS91180だ。間違いない。

-などと一瞬でホチキス針を同定したうえに妙な隠喩で描写するほどのオタクではないのですが(←十分やってるよ、って? ちなみに縁は『よすが』後朝は『きぬぎぬ』と読んでください)、みればなるほどこの機種は穿孔能力が高いです。たしかコピー用紙70枚ぐらいまではこれでいけたはずですね。メーカーが推奨する数値ではありませんが。

 おかげでこっちは日報一ヶ月さばくごとにラジオペンチで針足を起こして(ちなみに『針足』『肩幅』というホチキス針の用語は今日初めて知りました)ぎこぎこ引っ張って…たまに破断する(『ぶちっ!』)ので手間は2倍になったりと、まぁ大変です。別に国内最大級のシェアを誇る事務機器メーカーを敵に回すつもりはないのですが、少々いらいらしてきました。ブログを書いて一服したら、また作業にかかりましょう。残り3ヶ月ぶんの入力は、今日でようやくおわります。

« ここは実は、高速バスのブログなんです | トップページ | 秋からにぎやかなことになりそうです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラジペン片手に日報入力:

« ここは実は、高速バスのブログなんです | トップページ | 秋からにぎやかなことになりそうです »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31