« 緊急出張 目的地は『名古屋市』 | トップページ | 『バスに乗って遊ぶ』と言ったら »

それはたった一文字のちがい

 当事務所ウェブサイトの、インデックスページの左すみに

すずきしんたろう事務所は
街の法律家
旅する『代書やさん』です。 

 茨城県の別荘地へ。
 長野県の法務局へ。
 伊豆半島南端の町役場へ。
 お客様に会いに、石垣島へ。

と書いてあります。これは、それぞれ各業務ごとに『もっとも遠くまで行った記録』を挙げています。茨城へは現地調査。長野には登記申請。南伊豆には市区町村役場訪問。石垣島は、見ての通りお客さまとの面談。ここには書いてありませんが、『自分が裁判書類をつくったお客さまの労働訴訟を傍聴した裁判所』の最遠距離記録はいまのところ大分簡易裁判所です。

さてこのたび、『登記申請でもっとも遠くに行く記録』が更新されます。

その最遠距離法務局登記申請出頭記録は

長崎地方法務局佐世保支局 です! (拍手〜)

おお、九州本土最西端法務局、かと思いましたが、同管内では平戸支局があるために最西端ではありません(苦笑)

しかも!登記識別情報の受け取りを『いそがない』旨の許可を取り付けたので、

3月になって、青春18きっぷが発売されたら、これをつかって登記済の書類一式受け取ってくる予定。

 さてこれで、インデックスページの表記を『長県の法務局へ』から『長県の法務局へ』に書き換えないといけません。この一文字を書き換えるために、鉄道営業キロベースで900km超の距離を2往復する自分を何と評したらいいのか…どんなもんでしょうね。

 ところで。この相続登記申請一式の司法書士の報酬ですが、当事務所不動産登記報酬額基準と『こちら旅行書士すずきしんたろう事務所です』所載の規定によって計算すると、交通費2往復込みで5万円超えないのですが…

それがどうかしましたか? 

 地元の業者は地元の業者。僕は僕、です。お客さまに事務所に来させて一式8万だのという事務所もあれば、名古屋からお客さま宅までやって来て4万8千円、という事務所があったっていい、ということじゃありませんか。

« 緊急出張 目的地は『名古屋市』 | トップページ | 『バスに乗って遊ぶ』と言ったら »

旅行書士 業務日報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それはたった一文字のちがい:

« 緊急出張 目的地は『名古屋市』 | トップページ | 『バスに乗って遊ぶ』と言ったら »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック