« 今年の旅行書士業務はこれでおわり | トップページ | 旅行書士事務所のMerry Christmas!(または『一般先取特権での差押えをご存じですか?』) »

高山本線 古井駅にて

 岐阜から普通列車で40分ほどのところにあるこの小駅、岐阜地方法務局美濃加茂支局の最寄り駅です。

 ですが高山本線は、古井の一つ岐阜よりの美濃太田までは日中約30分間隔で列車があるのに対し、美濃太田以北は日中最大2時間(笑)のあいだが空いてしまいます。行って帰ってくるだけでそれなりの準備を要するこの法務局、この秋以降4回目の参上です。

 さて、無事に登記済の書類をもらって、帰ってきたのは時刻表上、帰りの岐阜方面美濃太田行き上り列車の発車20分前。僕に続いて窓口で切符を買おうとしたのは、30代後半とおぼしき会社員2人。彼らが何気なく『岐阜方面に帰りたいんだけど、次の列車は何時になります?』と尋ねたところから騒動がはじまります。

 駅員氏「今日は高山近辺でかなり(列車が雪で)苦戦してますからねぇ〜20分ほど遅れるみたいですが」

 会社員「うえぇぇぇ〜?(強度の動揺)」  矢継ぎ早に質問を発します。駅員氏はひたすら冷静です。

 会「他に交通機関ってないんですか?」

 駅「ないですねぇ(のんびりと回答)」

 会「名鉄の最寄りは?」

 駅「新鵜沼か、太多線の可児ですが」

 会「タクシーだとどれくらい(お金が)かかります?」

 駅「結構(な金額が)行きますよ。それに、タクシー自体呼んでもここまでくるのに時間がねぇ」

 −−−ここまでで、すでに10分経過(徒過というべきか)−−−

 会「どうしよう〜時間もったいねぇ〜 ○○の奴、わざと(美濃太田ではなく)こっちにつれてきやがったな・・・」

 駅「ま、今日は何をやってもダメだと思いますよ」

 結果としては、列車は10分遅れで到着したのですが…実は。

 この列車がたとえ20分遅れで美濃太田に着いたとしても、美濃太田から先の接続は全く同じなんですわ。彼らが駅員氏と無駄に騒いでいるあいだ、高校生のカップルの方がよほど冷静だったのには、思わず笑ってしまいました。なにごとにおいても、専門家、というのは必要なようです。

« 今年の旅行書士業務はこれでおわり | トップページ | 旅行書士事務所のMerry Christmas!(または『一般先取特権での差押えをご存じですか?』) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山本線 古井駅にて:

« 今年の旅行書士業務はこれでおわり | トップページ | 旅行書士事務所のMerry Christmas!(または『一般先取特権での差押えをご存じですか?』) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31