前回は20万円強、今回は…?

ウェブサイトに記載の情報量に惹かれて、自動車整備工場を替えたのは前回の車検からです。

表題のとおり、前回は整備費用として一月分の生活費に匹敵する請求をもらってしまったこともあり、今回はどうなるのかちょっと興味がありました。

べつに何かおかしな車に乗ってるわけではありません。購入価格75万円の軽自動車です。

できれば10万円を下回ってほしいよな、という淡い願い。受付から工場に車を移動させる前に崩壊の兆しを見ることになりました。

社長が言うのです。タイヤを替えましょう、と。

「ミゾはちゃんとあるんですが、11年前のタイヤですよね」

と(笑)

まずこれで、処理費用込み2万円ほどの加算。

…おかしいな。買ったときは新品だったのに(遠い目)

さらに社長、言うのです。ミッションオイルを替えましたか、と。

ちなみにこの車の走行距離、9万キロほど。

僕の答え。自信たっぷりに。

「そういえば4万5千キロあたりで2回目の交換をしたんですが、15年くらい前のことだったかと思います」

と(爆笑)

さすがにそれは替えようぜ、ということでさらに1万円加算。

むしろこの状況下でATFを交換してくれる、ということを喜ぶべきかもしれません。

家に帰ったら確定見積書がメールで届いていました。

間違いだらけの自作の訴状をどこかの代書人の訴状添削サービスに送ってしまった本人のような気分でメールを開いたら、前回の車検に続いて見慣れない文言が書いてありました。

  • リヤ左右ハブベアリング交換

ふうん、インナーとアウターってのがあるんだね。1万円ちょい。

(もう吹っ切れたから)それはいいんだけど…

電話をかけて、質問です。

「素人の質問なんですが、このハブベアリングって部品後ろのを交換するってことは前は大丈夫なんですか?」

いまのところまだ大丈夫です、と大変心強いお言葉をいただきました。見積もり採用です。


そういえば先日、「いまのところまだ」陳述書は準備しなくていい…という訴状の添削を一件したようなしなかったような(遠い目)

いや、その判断は技術的にもお客さまの負担の面でも妥当だったはずだ(←言い聞かせてますが何か?)


ともあれ、なんとかぎりぎり10万円に到達せずにおさまった整備費用。この顛末は当然ながら補助者さまとの話題になります。今日は彼女の出勤日です。

「(その費用は)良心的なほうですよ」

…タイヤを一目見て交換を即決した社長のように冷静なコメントをいただきました。

彼女さらに曰く、

  • 前回(の車検のとき)もいろいろ言っていたが、その主張によってもその業者は妥当か良心的な価格で整備していることが推認される。
  • さらに代書人の陳述によれば、具体的に追加での整備と言えるのはリヤ左右ベアリング交換だけで、あとは単に消耗品を交換しているだけである。
  • そもそも大して乗らないはずの車に好き好んで整備費用を投じている以上、その金額をどうこう論じる主張自体が失当である。
  • よって本件事案における代書人の主張には、理由がない。

ま、だいたいこんな感じのお言葉だったと記憶しています。

初度登録平成8年、2年半落ち75万円で買った車ではあるんですが、21年目の車検を通すとなるとそれ自体ちょっとしたイベントだったりするわけです。

別に文句があるわけではありません。前回の車検の前、つまり車齢17年の車検のときまでこの車、ほぼ業者さんの標準設定通りの費用で車検を終えてきたのです。

さて、次の問題は次の車検をどうするかです。

通すかどうかは問題ではありません。

いくら投じて通すか、です(キッパリ)

続 Web担はつらいよ

土地の上にひとがつくった物を、ひとはなんと呼ぶのでしょう?

Rimg0007

真顔でつぶやいたなら、お客が逃げそうな週末の夕暮れ。涼しい風が吹いていきます(苦笑)
階段の向こうには、遠く小さくかすむ名古屋で最大規模の高層構造物群。

さて、今週末もつづけて相談が入っています。登記以外の…というより、はっきりと労働紛争労働者側の相談が、連続で。

そうした労働紛争のお客さまからの連絡で「この事務所では(労働紛争以外に)どんな仕事をしてるのか」と聞かれて思わず笑ってしまったのは、そのときやってた作業がウェブの更新だったからです。それも、不動産登記の。

まぁ、当事務所ではこれが営業活動なのです。で、冒頭の一件。

ある事象に遭遇しそれへの対処を指向する個人が、情報を求めてウェブを検索するときにどんな検索語を入れるか、には重大な関心があります。

大手の検索エンジンが検索クエリをウェブサイト運営者に送ってくれなくなり、そうした調査を充分にできなくなったここ数ヶ月間でアクセスが大きく減った、このままでは懐が涼しい夏と氷河期のような秋を迎えることになる、というのが現下の当事務所です。

今月にはいってgoogleのsearch consoleのサービスでgoogleからの流入は把握できることにようやく気づき、過去28日ぶんの検索キーワードを整理したところ。

Photo

なにやら妙な気がしたのです。当事務所ウェブサイトでは所有権移転登記に関心がある個人に対して「名義変更」というキーワードでSEO対策を試み、ここ1~2年は一定の成果を挙げてきました。

で、人々が名義を変えたい対象物はなんなのでしょう?

「不動産」。これはわかります。上表のC列は、googleでその検索語と僕のページを含む検索結果が表示された件数です。

「不動産 名義変更」が1882件と表中の最多を記録しています。

「土地」これも施策中です。「土地 名義変更」は1760件。

意外だったのは土地のうえに人が作ったアレ、です。

僕はあれを建物というのだと信じ込んでいました。ですのでコンテンツを作る際には「土地建物」を不動産と同じ意味で用いるように仕込んでいたのですが…

というのが正解らしいのです。

上表によれば当事務所へ流入する検索語の上位42位にようやく「建物 名義変更」が登場します。B列は流入件数18件。C列の表示回数は142件。E列の平均掲載順位は5位と、「土地 名義変更」より高いので順位が低いから表示も流入もない、というわけでは全くないのです。

「建物 名義変更」の直下には「 名義変更」がつけています。

流入件数17件、表示件数が1053件。

建物ではなく。時代は

そんな感じでしょうか(苦笑)

さて、今週末もお天気がいいようですが…どうやらコンテンツの修正で過ごすことになりそうです。

※これは個人向けの不動産登記のウェブサイトにおけるSEO施策だからそう言えるのだと考えねばなりません。農転やってアパート作って空き家に苦しむ家主、みたいな人がターゲットなら当然別のキーワードを選定すべきだと考えています。「所有権移転登記」という語を用いてくるのはすでに見積を提示されていたり、所有権移転登記そのものを本人申請したい人たちである可能性が強い、ということもウェブサイト内での流動をみているとわかってきます。

そしてなにより、広告費ゼロで不動産登記の依頼を取るのは強烈に難しいご時世になってしまった、というのも同業者さんには重要な情報なのかもしれません。事務所内に専任のWeb担を置けないなら、業者に作らせた見栄えのするランディングページとPPC広告の組み合わせで費用をコントロールするのがいちばん確実だと思います。

先方は気づいていないはずですが、不動産登記に関する情報提供としてかなり古くからウェブサイトを維持している関東の司法書士さんがいます。

そちらの検索順位も最近少し下がり気味に見えるのですが、名古屋以上の大都市圏ならやっていけるし(地区限定でない検索キーワードで上位表示されるわけだから、事務所に来れる人口が多いところにいれば当然に依頼も増えるため)他のコンテンツに駆逐されてほしくない質をもっておられるので、仮にこちらが向こうにリンクを張ると向こうがパワーアップするはずだ、と考えています。

先方が土地の上の構造物をなんと呼んでいるか、あらためて拝見してみましょうか。

Web担はつらいよ

先日は、純粋社労士業務の相談がありました。純粋に社会保険労務士の資格だけで対応でき、裁判には関係がない…当事務所では珍しい相談が(苦笑)

普段は労働者側でしか使わない雇用保険新規適用と被保険者資格の届出の知識でなんとか相談を終えたら、ちょっとした雑談の時間です。

最近ゴミのようなコンテンツが増えて困ってるんです、というのは僕からお客さまへの相談です。この方は勤務先で素敵なウェブサイトを作成しておられます。WordPressもいいかな、と、その方の成果品を見ながら。

実際のところ、給料未払いだの不動産名義変更だのでわらわら出てくるゴミコンテンツに押されて検索順位は下降気味。以前は1~3位にいた検索結果が8~10位に下がると、検索結果からの流入が半減から数分の1に減るのです。

Photo

※たとえば『給料未払い』という検索が100回試みられたとして、1位であれば50~30回程度はウェブサイトに流入してきます。2~5位で30~10回程度に流入件数が落ち、10位くらいだと10~数件に落ち、11位以降だとほぼ流入が途絶える、そうした印象があります。

そうした順位下降がいくつかのキーワードで存在すると、1日あたりのページビューも数百件単位で減る、というわけ。

そのうちgoogleもパクリや独自性のないコンテンツへの対策をしてくれるだろうから、そうなるのを待とうか、といった話のほかに、お客さまからはウェブサイト閲覧者増加へのすごい提案がありました。

(僕が)有名になったらいい、テレビに出たりして

と。

…それが実現できれば、別の理由で当事務所の売上げに関する問題は解決できる(笑)

よくわからない応対を経て、相談終了となりました。少なくとも顧客の財産を○○して在宅起訴、というようなトピックスでテレビに出てみろ、というお話しではなかったはずです。

実は昨年末あたりから検索キーワードの把握が難しくなってきて(Yahoo!やgoogleがそうしたデータをくれなくなったのです)嗜好の変化を迅速に反映できなくない実情がありました。これも、ここ数ヶ月続いた当事務所ウェブサイトへのアクセス低落の理由だと思います。

あれこれ探した結果、google analysticsではなくsearch consoleを使えばgoogleからの流入キーワードは知ることができる、とわかったのが実は先週でして。きっと素人じみたことを言ってしまったぞ、プロのウェブ担さんに(大汗)と焦りの理由を一つ積み増したところです。

このサービスであれこれ調べるうちに、いくつか興味深いことがわかってきました。これもブログの記事にしてみようと思っています。

«便りのあるのが、よい便り(だと思う)

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック