Hello Worldの日

今日は仕事のはなしです。登記について、気になっているサービスがあるのです。

昨年時点で商業登記の申請書と添付書類一式を自動で作成する(サービス運営企業は司法書士ではなく、利用者が勝手に入力したデータをお清書しているだけだから司法書士法に違反しないと主張し、法務省も一部の照会に対してはこれにそう見解を出している)サービスはいくつか存在しており、僕も覗き見用にアカウントを持っていたりします。

ただ、そのうちの一つのサービスで固定的に作成される定款はもうほんとうに固定的な内容。定款自治もなにもあったもんじゃない、ということが年間商業登記申請件数5件を超えたことがない僕にもわかる定型的な内容です。

実は先月、電子定款の認証代行だけそのサービスを経由して発注したのですが、費用は2160円とのことでした。その値段で定款の電子化だけやって暮らす○○書士さんってどんな気持ちなんだろう…コンビニでレジを打つほうがまだ変化に富んだ仕事だと思います。

相続登記についても今春から、こうした登記申請書作成サービスが出てきています。

2_20190719225101

覗き見用にアカウントを持ちました。有料での利用はしません(笑)

こちらもまぁ、サービス提供者は『どうせ素人が勝手に入力した内容でPDFを吐き出すだけだ』と言って法違反を免れてるわけですが、PPC広告を見ると相続登記の依頼報酬が10万かかるとか、申請をオンラインでとか、実態と一致しないふざけたことを抜かしています。

サービス利用前からはじまる、こうした誇大さ浅薄さ適当さ加減が、いかにもウェブの人=閲覧者を釣ってページビュー増やそう、うまくいかなければ閉鎖して逃げよう、って感じで凄くイヤなのです。

そういう会社なら潰れてしまってもいいよな、どうせ儲けを追求するためにサービス作っただけなんだし。

ということで。結論が飛躍するかもしれませんが。

こうしたサービスは各事務所のウェブサイトで保有すればよい…より理想的には業界団体のサイトで維持管理公開されたらいいのに、無料で、と僕は思っているのです。

どうせこうしたサービス、個別に生えてくるのを潰しきることはもうできません。僕たちの業界は昭和50年代の国鉄みたいなもんで、公益性を主張しつつ発足当初のサービスだけ提供して=鉄道だけ運転してても飛行機と高速バスにシェアを削られるだけ、そうした状況です。

ただ、皮相的なコスパ(という表現が僕は嫌いです)にとらわれて自由競争を放置した結果、今世紀に入ってからあっちこっちの脱法ツアーバスの居眠り運転で人が死ぬようになりました。

登記をいくらミスっても人死にが出ることはないですが、上記のサービスを見ていると利用者のレベルの低さを役所の作業で補わせようとしている気がします。つまりこれは、外部不経済を発生させる未熟なサービスだと考えました。

そんなサービスですが、ものの善し悪しのわからない素人に9800円ださせる程度のインパクトはあります。奴らがPPC広告で言うには、士業に頼めば費用10万円、らしいから(冷笑)

ならば業界側から参加してサービスの質を上げ、間抜けな会社を駆逐すればよいではないか、というのがまず一点。

もう一つは、一般の会社がこの手のサービスを提供する場合には絶対できない登記相談業務とセットにしたり、このサービスからトリクルダウンしてくる利用者=本人申請をあきらめちゃった人から通常のご依頼を受けられるのではないか、というのが二点目。こうした狙いはあっていい、と思うのです。

業界内の(特に政治団体の)方々とはきっと違う見方なんですが、僕がこうしたサービスを嫌いなのは他人に負担をかけて自分だけが儲けるものだから、であって業界の既得権益を脅かすものだから、ではありません。相続登記は促進されるべきだし、そのために申請は容易になるべきだ、という点においては上記のようなサービスがさらに勃興し、その過程で品質が上がることを期待します。

結果として業界内で食い詰める人が少々増えるとしても…きっと一般民事家事関係裁判事務には結構な潜在需要がありますよ(笑)

冗談はさておいて。

相続登記の申請書に絞れば上記のサービスと同様類似のシステムを作って公開することはそんなに難しくはない…そうお考えの同業者の皆さま、特に動的なウェブサイトを自力で管理運営していたりプログラミングの心得があったりする方、思ったことないでしょうか?

ええ、僕もそう思いました。

あとは添付書類の収集をどれだけ丁寧に支援するか、なんですがこの部分は既存のサービスが低レベルであるのと(戸籍には筆頭者ってもんがあるんだ、と理解していない奴が作ったような戸籍請求書式が出てますので覗いてみてはいかがでしょう)、この部分は相談業務で支援するほうが役所に無用な迷惑をかけずに済みそうな気はしています。

じゃぁ作ろうか、というのが今日の、というよりこれから1年間のはなしです。

つまり、PCからネットに行ける一般人ならば無料で使える登記申請支援システムを作ろう、と。

オンラインは論外と考えてよいので、紙の申請書作って郵送で提出する前提で。

僕のところでは、申請人と不動産を入力すれば保存・名変・抹消移転設定の連件申請の書類一式が作れるように表計算ソフトを作ってあるんで(立ち会いのご依頼がこない、という致命的問題点を克服できないうちに平成が終わったため今は使っておりませんが)、できるかどうかを問われればこうしたシステム、『できるに決まってる』ことになります。

問題はそれをWeb経由で不特定多数人に解放しつつ、それなりに便利な機能と一応世間並み…いえ、世間並みから少々劣ると言われるくらいで済むユーザーインターフェイスを実装できるか、という点にあります。

この部分はちゃんとやれるようにしないとしょうがないので、Pythonを習得することにきめました。

申請人と不動産の表示と価格を入力すれば登記申請書と遺産分割協議書が自動で作れる、というくらいならgoogleドキュメントのワークシートを工夫しても作れるんですが、登記情報PDFから不動産の表示を取り込んだり(それ以前に、たとえば共有者の変遷を解析させたり)、各市町村が持っている戸籍謄本請求書をダウンロードするページをブラウザを立ち上げて表示させたりするくらいの芸はもたせてみたいわけです。

で、久しぶりに表題のアレを試してみたところなのです。まさに千里の道も一歩から(遠ーい目)

当ブログにごく少数いらっしゃるIT土方の…いえ技量優秀なるプログラマの方々には、僕がいつ音を上げるか楽しみにごらんいただきたいと思います。

うまく根負けさせるように誘導してくれれば皆様方にご依頼をお出しできるかもしれませんし、あるいはコスパ重視(結局それかよ)でランサーズにでも発注しちゃうかもしれません。

大げさな話はこのくらいにしておきましょう。5インチのフロッピーディスクに入ったN88-日本語BASICでキャリアをスタートして今はJavaScriptでスパゲッティコードが作れる、という程度のところに一つ新たに習得する言語として、Pythonはそんなに悪い選択ではないだろう、と思っているところです。

中華系の怪しいCNC加工機にGコードを食わせて何か面白い工作をするにもよさそうですし。これから始めるプロジェクトがこけても、実は趣味で使う期間が長くなるのかもしれません。

7月20日、関西地方へ出張します

おそらく日帰りになると思うのです。青春18きっぷのシーズンに入ったから…ではありません。

日程はあくまでも、お客さまが選択されました(遠い目)

さて表題の件。兵庫県東部(山陽本線沿線)への出張が決まりました。日程は7月20日と確定していますが、できれば前後1日延長したいとは思っています。

青春18きっぷのシーズンに入ったから…ではありません。ただ、うどん県への夜行フェリーや久しく訪れていない丹後半島、文字通り目に見えるところにある淡路島なんかが気になってたまりません。阪神間はそうした場所への出発地です。京都に移った鉄道博物館はまだ訪れていないのですが、こちらは夏休みの土曜日に行ったりしてはいけない場所です。引き続き保留にしておきましょう。

なぜか旅の話になってしまいました。出張そのものはちゃんとした仕事です。受託中の裁判書類作成に関する打ち合わせを行うもので、往復の交通費日当相談料併せて総額1万円♪が予算です。

したがいまして往復で近鉄特急を用いることも一応可能であります。また移動時間に対して日当を請求できるなどとはつゆほども思っておりません。往復のどこかで少々寄り道をしたとて、何を責められることがありましょう(嘘泣き)

冗談はさておいて、大阪-神戸間の某所で昼過ぎから夕方までは肝心な予定が入っています。ですので大阪付近で午前中、または18時以降に1件は出張相談の対応余力があります。近鉄特急を使えば、難波に午前9時過ぎ~午後9時前までは滞在可能です。

相談可能な分野は山林農地空家など評価額が低い不動産の名義変更ほか相続に関する諸問題(登記の本人申請および必要な家事調停申立書類作成を含む)、労働紛争労働側での相談および裁判書類作成、そのほか一般民事家事関係裁判書類作成などです。

不動産業者・ハウスメーカー・金融機関が関わる定型的な登記とは無縁(なぜか関西からも、何か間違ってこうした問い合わせを投げてくる方がいるのです)、お金持ってる人向けの相続対策やらそうでない人向けの債務整理とか成年後見相続放棄などの手続きはしない(そんな依頼はそもそも来ない)…ということで基本的には

  • 儲かってない事務所による
  • 儲かってない方々のための
  • 儲からない分野の相談なんですが、

そうではあっても手続き費用なんか安けりゃいいと言ってくる人の問い合わせメールは優しくゴミ箱に移動するようにしております。

さすがにここまで言って問い合わせをかけてくる方はそれなりの必然性があると思うのですが、相談の料金は2時間5400円です。当事務所の利用歴がない方については、事前の振り込みを要します。

創業以来16年、過去に一度だけある出張相談の無通告キャンセルをやったのが阪急沿線の人間だったのです。その程度の理由はあると思ってください。

大阪あるいは近鉄難波については7月20日に限り交通費不要、そのほかの目的地にあっては出発地を大阪・難波とする往復の交通費を申し受けます。

日当は不要ですが、相談終了後に僕が勝手に寄り道をしてもそれは見ないふりをしてください。もう5年ほど出現していませんが、それすら苦情の対象にする方がおられました。まさにカネは出さず口は出す、と(苦笑)

そうしたごく少数の方はさておいて、近年出張相談をご利用いただいた方々の反応としてはウェブサイトやブログにあれこれ書いてる内容から想像したよりまともな奴がきた、というのが大部分…お客さまからは、そんな感じには聞いています。たぶん。

もう一週間ほど、おとなしく事務所にいます

しばらく記事の更新がないと、どなたかから生存確認のメールがくるような気がしています。お手数をおかけしてすみません。

さて、前回の投稿から1週間ほどたちました。ええと…元気でやってます(昼寝しながら)

あ、訂正します(怒られないうちに)

正確にはこの日曜日から昼食後20分ほど昼寝して、そのかわりだいたい日付が変わるまで働く、これぞ働き方改革、という感じでした。

この夕方、お客さまにお伝えしていた期限に4日ほど遅れて申立書文案が脱稿し、昼寝と夜なべのセットを満喫する生活はいったん中止することにした次第です。

現在の受託状況。今月は労働審判手続労働側での書類2件の納品が終わって、先月お受けしたものは非労働事件ばかりあと4件が残っています(これらの件数は事件簿に記載できる件数と同じことも違うこともあります)。うち1件で分析を要する記録の入手を待機中、もう1件はお客さまを追及して…ではなく協力を得て打ち合わせを要する工程があり、あと2件は合計1日あればなんとかなりそうです。

戸籍謄本の職務上請求が異様に手間取ったのが一つありましたが、さて木曽郡の同じ役場に3回に分けて請求しましたってどう説明したらいいのかな(苦笑)知多郡の某役場なんか直接出頭3回郵送請求4回、なんてのが発生してるし。

いっそ好きだったからそうした、とか言えれば幾分ラクになれるんですが。

きっと僕が補助者だったら、いまごろ本職に斬首されてたに違いありません。自分の事務所でよかった(笑)

冗談はさておいて。今月に入って新たにお受けしたのは現時点で1件、ということで受託余力を残しているのですが、さきほど受託条件を提示した案件が1つあります。できればあと一週間事務所に籠もって、先月受託分の裁判書類をあらかた作り終えてしまいたいところです。

出張日程をお伺いしている案件が一つあり、目的地は関西地方です。日程はいまのところ来週末以降で調整をお願いしておりまして

夏の青春18きっぷのシーズンだ

とにかく来週中=7月19日までに、今ある仕事をどうにかしてしまうのが向こう一週間の目標です。

 

«無傷では、終われなかったよ(苦笑)

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック