相席までの30 分

相席までの30<br />
 分
受験シーズンだからでしょうか。いつもなら空いている16時10分東京駅発の中央ライナーも、新宿発車時点で座席はあらかた埋まっています。

本日午後東京発の名古屋行きの各便で早売1の座席が最後まで残っていたこの中央ライナー、敢えて廊下側の7B席を押さえました。廊下側のほうがシート幅が少々広く、廊下に体をはみ出させることもできるため、混みそうな便では廊下側も悪くありません。

東京駅始発のこの便は、バスタ新宿まで30分余りの間非常に空いています。この時間に、遅いランチを取ってしまいたいのです。

今回の出張で、半年ほど続いた案件が全ての手続きを終えることができました。大過なく終えた出張ではあったのですが、バス乗車後に気になるメールを受信しました。

先頃申請書をだした法務局から、電話があったようです。

また明日、と開き直って、食事を続けることにしました。

素敵とは言えない選択

素敵とは言えない選択
ご依頼前後のお客さまから言われて、頭を抱える一言をいくつか挙げるとしたら。

「(あなたの仕事を見て)私も司法書士を目指すことにした」

これは比較的、対応に窮するものになるでしょう。

先日もそうしたお言葉がありまして…
思い切り不利な一筆を敵側に置いてきた、そんな報告を受けるのと同じ表情で聞いてしまった自覚があります。


2級FP技能士としてなら、助言はシンプルです。

・あなたのライフプランに破壊的な不安定性をもたらします。非推奨です(笑)

…ま、そういうわけにもいかないし。

きっとひどいことになるよ、と申し上げていくつかイントロダクションになる書籍を渡し、相談終了としたところです。
今までにそう言った人は何人かいるけど、実現した人はいないよ、とも付け加えました。

なんかこう、徒歩で砂漠を越える旅人を見送る気分がします。古典の教科書に出てきた王維の『元二の安西に使するを送る』を思い出しました(苦笑)

人のアタマ越しに勝手に盛り上げるのもどうかと思ったので、酒一杯を献ずるに代えて今後の学習に若干の便宜をはかることとし、相談継続としたところです。

さて、横から見てるほど結構なものではないこの仕事。今日明日は東京への出張です。

公証役場で認証貰って三千円、年金事務所に書類出して三千円、書類を若干作って一万円、宿泊費は五千円を戴いてますが日当と名古屋東京間の交通費の請求は忘れたか置いてきたかしてる…事業経営の面から言えばよろしくない、そんな出張です。

まあ、もともと東京までの出張に乗っけて受託すると企画提案した仕事ですのでご採用いただいたお客さまには感謝でいっぱいなのですよ(遠い目)

バス利用とはいえ東京での仕事で東京までの旅費を賄えており、二日目のフリータイムが国会図書館での書見に使える、さらには名古屋に二日いられないと二日分の機会損失がでるほど名古屋で熱心に営業してない、結論として「好きでやるなら止められない」状態がもう十年以上続いているところです。

でも仲間に入りたい人を大歓迎はできない、僕も定型的な登記のご依頼は好きだ、と(笑)

実際のところ、これまでに介護業界だけで三人おられた、司法書士目指すと僕に言っちゃったお客さま方はどうされているのでしょう?
まだ当ブログをご覧になっているならば、皆さまなりの所感をお聞きしたいと思います。

写真は僕の、明日の選択。
名古屋へ帰るバスの早売1(通常運賃より二千円ほど安い席)が、もうこれしか残ってません。午後の他の便にもないのです。
だらだらしてるうちに失われた選択肢の残りから、どれを選ぶとしましょうか。

単品の天ぷらには事前の予約を要する件

  • 登記が2件、無事に終わった。
  • 新しい登記のご依頼もあった。
  • 一件打ち切った案件も、あった(苦笑)

そんな充実した一週間を終えた週末。登記の依頼をご紹介いただいた行政書士さんと会食に出ました。

以前は天ぷら屋さんだった鶴舞のお店に相続が発生して(←と言うと妙に生々しい気がしますね)名前も中身も変わったのです。

170218_192639

コースを頼んでおいたところ、いろいろな小皿がたくさん出てきました。ここからさらに天ぷらとお刺身と焼き物、ご飯とデザートが出てくる構成です。

お酒のつまみにしてもお食事を楽しむにもいいし、女性をお連れしてもよさそう、ということでこのお店は接待用の候補として大丈夫、ということになりました。

以前より客単価が下がった気もして、零細な代書人事務所でも引き続き安心して使えます(遠い目)

ただ、気になることがありました。お勘定の際に、聞いてみたのです。

「カマンベールチーズの天ぷらはもうないのですか?」

以前のお気に入りだった単品の天ぷらはもう扱っていない…というお答えではあったのですが、

「当日はご用意できないんですが、事前にお聞かせいただければ」

できそうだ、というお話しをいただきました。

夏はみょうがの天ぷらもよかったし、このお店はコースと単品の天ぷらの事前予約をしておくのがよさそうです。


さて、今週は接待を受けに行こうと思います(ニヤリ)

というより相談料金の現物支給なんですが、2月22・23日に東京へ出張します。

22日の日程は夜まで含めて完全にふさがるはずですが(そう期待します)、23日は府中~新宿・国会図書館付近での出張相談およびご依頼対応の打ち合わせが可能です。

決して二日酔いなんかしませんが、昼過ぎからを中心にご利用いただければと思います。

«日本で生まれた未成年外国人の代理権限証書

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック