フォト
無料ブログはココログ

雨が上がったら、裁判所へ(第9次開廷表調査、実施の件)

予報によれば台風は夜のうちに上陸し、朝には当地を通過済みとのこと。

今週は良いお天気が続きそうです。

ということで今年の開廷表調査は10月23日から2週間、ということにしましょう。名古屋簡裁・地裁・高裁に2週間ないし1ヶ月通って開廷表を閲覧し、労働関係の訴訟の事件数を調べて記録するこの開廷表調査、今年で第9次となります。

…よほどヒマなのか、と言われればまぁそんなもん、と言わざるを得ませんが、少なくともいろいろな方に心配されるほど多忙ではなくなりました。この期間は大きな出張も急ぎの仕事もない、まとまった2週間になりそうなのです。

こんな調査でもやってみるもので、と例年似たようなことを申しておりますが(苦笑)名古屋地裁ではまだ訴訟代理人の氏名を開廷表に載せてくれています。僕のように労働関係訴訟代理人の白いリストや黒いリストの作成を準備したい人にも十分役に立つデータが公開されている、というわけなのです(ま、当分のあいだ公開はしませんがね)

この開廷表、見ているとときどき面白い訴訟が見つかります。過去にはこの閲覧の結果を新聞記者の方に提供したこともあれば、誰かと揉めてる同業者さんor隣接士業さんがわかったりすることもあったりして。

そうした訴訟を見てしまった場合、調査票の余白にちょっと書き残したりします。もちろん。

前回までの調査で世に言う残業代バブルは無かったことはだいたいわかった(正確には、通常訴訟でまじめに争う代理人が極めて少ないことが確認できた)ので、今回もその傾向に変化がないかどうかを確かめておくことにしましょう。

開廷表、ひいては民事通常訴訟そのものは公開されていますので、他になにか気を引く案件が見つかったら…ブログでご紹介できるかもしれません。何ヶ月かあとに、ですが。

不意に気づく依頼人性別分布に関する件

金山駅周辺で飲み会に使えるお店を探したいと、常々思っていたのです。

Dsc_0060

先日訪れたこのお店、事前の現地調査=店構えのチェックをしてから決定したところ個性的でおいしいものをお値打ちに出してくれるお店でした。出てきたばかりのサンマのアヒージョを何も考えずに口の中に放り込み、不安全行動の味も満喫してみたところです。

お店が駅の北側、少し歩いて大通りから脇にそれたところ、ってのも気に入りました。

この駅の反対側にはどこかの業界団体ビルがあって、ちょっと近寄りがたいのです。

その飲み会、もともとは僕が雑誌に時折載せている記事への寄稿に際して当該分野に注力しておられる同業者さんに協力を仰ぐための打ち合わせとして企画されました。

それを聞いた税理士法人勤務の元お客さまがご同僚を伴って参加を希望され、計4名の飲み会となった、というものです。

…別に作為はないのですが、同業者さん=男性司法書士さんには参加者の性別を告げておりませんでした。

いえね、何かちょっと面白くならないかな、と思って。

後から来られたお二人がいずれも女性だったということで、同業者さんにとっては予想外だったようなのです。

…別に作為はなかったのですが、僕にとっては予想より楽しい反応を見せていただきました(笑)

ただ、このとき受けたご指摘では当事務所について

「女性の依頼人はいないのではないかと思った」

そんな趣旨のご発言がありました。

いえそんなことは、だいたい半分弱が女性のお客さまで、などと言いかけて。

ちょっとヘンな気がして、やめたのです。待てよ、と。

裁判事務に絞って頭のなかで数え直してみます。
といっても登記事件は1案件しかありません(爆)

現に受託中なのは8件。労働関係6件、それ以外2件。

委託者の性別。男性3件(!)女性4件、法人1件ですが、担当者が女性。

委託者の分布。東京高裁管内1件、名古屋高裁管内5件、大阪高裁管内1件、福岡高裁管内1件。

補足事項。受託に向けて準備中のもの1件、やっぱり女性。

…別に作為はなかったのですが、当事務所における裁判事務のお客さまはいつのまにか女性が多数派を占めていたようなのです。

そういえば、登記以外の問い合わせのフォームに記載されている氏名を追っていくとここ数ヶ月は女性のほうが多いようにも思えます。

狙ってやっているわけではありません。知らないうちにそうなっていたのです。

一点補足するとすれば、現に依頼中の女性の皆さまの年齢はいずれも30代後半より上なのです。釣られて思い出したのですが、当事務所に応募された頃の補助者さまもそうしたお歳でいらっしゃいました。

要するに熟女向けなの?といった突っ込みを放ってくれそうな参加者、いえ元お客さまがそういえばそのようであるようなないようなご年齢になってテーブルの対角に座っていらっしゃったようにも思えます。あるいは気のせいかもしれず、いや本当の年齢は21歳だとか582歳だとか等と言われれば、僕としてはそれを尊重せざるを得ません。

本件、話題にしなくてよかったですいろんな意味で(汗)

あと、まじめに依頼先を探している(で、このブログの記載を楽しむだけの度量または冒険心がある)方への補足としては、上記依頼の半分弱が請求額40万円未満と申し上げておきましょう。ここは1~2ヶ月分の賃金請求案件をふつうに扱う事務所です。


実は次のお店の候補も現地調査済みです。
こちらは市民会館の反対側、スペイン料理のお店です。

誰と行くかは、慎重に決めたいと考えております。
昔の僕を知らないか、知らないふりをしてくれるひとがいいかもしれません(遠い目)

今月後半の仕事…の前に

労働のしごとが戻ってきたみたいですね。

先週末のこと。出勤してきた補助者さまが言うのです。

「労働のしごと」というのは労働紛争労働側裁判書類作成のご依頼のこと。
語尾には微妙な華やぎを感じます。

正確には

戻ってきたみたいですね♪

または、数値文字参照なら♥でしょうか。

~戻ってきたみたいですねとしたほうがよさそうな、そんな口ぶりです。でも登記の仕事はどうこう、などと無粋なことを言い返すのはやめて、ここは一緒に喜ぶのが妥当です。

で、受付停止期間明けの今日。ちょっと多めな申立書類をお客さまに渡して、そのまま地裁に出しに行っていただくことになりました。

Dsc_0056

正本副本とりまぜて…530枚。なるほどコピー用紙が一束消え失せたわけだ(苦笑)

打ち合わせが少々長引くあいだに、雨も上がったようなのです。

Dsc_0057

お客さまを送り出したドアから、久しぶりに青空も見えてきました。

遅めのお昼。ご飯を炊いてカツ丼を作ります。理由は自分にもよくわかりませんが、カツを6切れに切りたいのです。

2切れ目を口にしたところで、関東地方のお客さまからメールが入りました。

簡裁での新しい申し立て、ほぼ終了とのこと。

5切れ目にたどり着いたところで、先ほどのお客さまから電話です!

少々焦って電話に出ましたが、こちらも書類が受理された、というご連絡でした。

…ですので早々に通話を終えて、おもむろに残り2切れのカツ丼を電子レンジに入れたところです。

さて、これで先月から今月初旬にお受けした裁判書類作成の仕事が終わりました。受付停止前に相談段階にあったもう2件のお客さまの書類作成を始められそうか、コンタクトを取りはじめています。

そう、補助者さまの見るとおり、ウェブサイトへのアクセス数の復調とあわせて彼女の好きな類型の業務=しっかりしたお客さまからのご依頼で始まる裁判事務の仕事が少し増えて(というより、ひところのペースに戻って)きている感じがするのです。

その仕事で盛り上がるまえに。

新しい申し立てが2件、つつがなく受理されたのです。

今日はアルコール抜きにして、明晩の同業者さんとの酒席でしっかり飲もう、と決めています。話題は労働紛争でも裁判事務でもないのですが。

«明後日から、平常業務にもどります(受付停止、7日目)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック