三菱電機製テレビリモコン(RU-DM108)の接点修理

今週は裁判書類作成ではない手仕事もしています。従業員50人ほどの飲食店さんから依頼を受けて、最大労働者数5千人ほどの処理能力を持つ勤怠入力システムを作ってみたり。

…冗談です。表計算ソフトのワークシート上はそれだけの入力を許容するというだけで、意図してやったわけではありません。複数店舗から上がってくる勤怠データファイルを本部で一括して処理させるために、VLOOKUP関数とINDIRECT関数を派手に使っています。

明日この作業を引き継ぐ補助者さまにはちょっとした試練になるだろうな、とは思っているところですー(遠い目)

さて、もう一つの手仕事が表題の件。過払いバブルの頃(ご同業でない読者の方にはだいたい10年前、と考えてください)から使っていたPCモニタ兼テレビのリモコンが、いよいよヘタってきたのです。押しても反応を渋るボタンが10個以上出てきました。ちなみにヤフオクで検索したところ、中古品が4千円台で出品されています。

今年初の電化製品修理はこれで行きましょう。まず資材を発注しました。
交換用のゴム接点はamazonでいくらでも売っています。

アルミホイルを使ってどうこう、という情報もありましたがモニタ本体そのものはまだ健常なのです。もう数年以上持つだろうと期待して、(怪しいなかでも→)少しはまっとうな修理を施そうと思いました。接点にあてがう導電性ゴムを軒並み交換してしまおう!というのが今回の対処方針です。

いきなり難しかったのが殻割りです。適当に側面をこじってみたのですが傷を残しました。

分解後に確認したところ、本品(RU-DM108)は赤外線LEDが装備された面の左側(下の写真2枚目)だけ、上下のケースを固定する爪が外れやすい構造になっています。

分解にあたって最初にアプローチするならここです。おそらく同世代(品番が近いもの)は同様な設計思想で作られているのではないかと推測します。

R0011376 R0011375

ネジを使っておらず嵌合だけで組み立てられていますので、殻割りできればあとは労力勝負な作業になります。

よく切れるカッターナイフで古い接点ゴム(下の写真1枚目)を切り、跡地(写真2枚目)にあたらしい導電性ゴムを接着していくだけです。

R0011378 

R0011382

…そのはずでしたが僕は接着剤の選定を誤りました。一般的なゴム系接着剤(あの黄色いやつ)ではくっつかないのです。

工具箱で眠っていたセメダインスーパーXを出し、最後の仕事をさせることにしました。実はフタを開けても詰まって出てこない状態で、これももう何年か死蔵していたのです。この件での使用後は廃棄することにしてチューブを切り、中でまだ固まっていなかった接着剤をすくいながら作業することにしました。作業に使うのはもともとついていたヘラではなく、爪楊枝の頭の部分がちょうどよい大きさでした。

接着剤を盛ったところにピンセットでゴムを置いていくのですが、コツがあります。

本来ゴムを置きたい箇所から1mmほど外れたところにいったんゴムを立て(未乾燥の接着剤を塗ってあるため無理なく直立します)、その後ピンセットの先でゴムを倒して所定の位置に置く、という2挙動に分けるとピンセットに接着剤が付着せず、作業が阻害されません。

その後一日放置すると、接着剤が乾きます。

この間、リモコンを使いたい場合は適当な導電性の何か(ゼムクリップとかホチキスの針とか!)で接点を短絡してあげればふつうに動作します。普段このモニタを使っておられる補助者さまには、さすがにお見せできませんでしたが。

元通りにくみ上げて動作を試したところ、挙動の怪しいところ1箇所を残して新品同様になりました。怪しいところも従前よりは改善されたので、これで修理完了とします。

挙動の怪しい理由を推測すると、そこは少し大きいボタンだったのでゴムが所定位置からずれて接着されてしまったのかもしれません。

このほか、接着剤を盛り付けすぎてゴムを半分覆ってしまい(導電性を奪うので)作業をやり直したのが別に1箇所ありました。組み上げ前の目視では問題なかったはずですが、他でもこうした支障が出た可能性もあります。

とはいえ、殻割りさえできてしまえば元あったゴムを切って新たなゴムを接着し終えるのに2時間かかりません。

…ほかに仕事があまりないなら、悪くない作業です。

裁判書類作成の依頼受け付けを停止します

今月最高のニュースは
確定申告の締め切りが4月15日になったことだ。

…親しくしていただいている税理士さんに心配されそうなことを書いてみたりしますが、心からそう思うのです(苦笑)

おかげで2月は少し安楽に過ごせるような気がしていたのですが、どうやら気のせいでした。

  • 本日、新しい裁判書類作成のご依頼を受けました。受託件数は2件になるはずです。
  • 本日、提出済みの書証の重要箇所に気づきました。計算のやり直しになるはずです。
  • 本日、久しぶりに家電品の修理のご依頼も受けました(←あ、これは関係ないですが)

以上のことがありまして、今月も新しいご依頼の受付を停めたほうがよさそうだ、ということになりました。重たい裁判書類作成の案件が3つ並んだら受付ストップ、とかそうしたルールを決めてしまってもいいのかもしれません。

本日から3月6日まで、裁判書類作成のご依頼のみ受付を停止します。
この期間は新しいご依頼を受け付けることができませんが、すでに受託したご依頼については影響ありません。

訴訟代理や裁判外代理の受付も停まるといえば停まるのですがそんな依頼は見事なまでに来ないので実害はなく、登記については来てほしくても来ないので事務所経営上は実害がある(苦笑)、ということになっています。

ちなみに上記の重たい3件の書類のうち、直接の売り上げを発生させるものは1件しかない、ということになっています。そうではあっても今月もなんとか損益分岐点越えになったところでそそくさと受付を停めてみたりするわけですが…

いま作る書類の品質は、絶対落とせないのです。

実はこの重たい3件には、もし勝てれば補助者さまに大入り袋が出せる(そして僕は一ヶ月安楽に暮らせる)案件が含まれているのだ、という話しを彼女にもしています。春が来たら、ではなくて夏が終わったら、くらいになるはずなのですが。

これらの案件をやりきったところで愛媛県にでかけよう、と思っています。できれば豊後水道を渡って九州にタッチしよう、とも。

今日あった一件、というより二件であらためて気づきました。少なくとも個人相手の裁判事務でビデオ会議への過度な依存はキケンだ、と。

"using the Mark I Eyeball"って基本があって、それは今世紀前半はたぶん有効だぞ、とも(苦笑) 

同時に、それをリモートで置き換えられると思っているオッチョコチョイ達が相手に回ればその人を出し抜く書類が書けそうだ、とも思っているところですが…ちゃんと現地に行ったり現物を見たりする士業、このご時世で一層減りそうな気がしています。それはそれで若干複雑な印象があります。

日曜日の仕事とその代わり(静岡県西部出張1泊2日)

Img_20210221_184424

宵越しのみかんは持たぬ。
お客さま宅でいただいてきたみかんを広げて、妙なことを言ってみたりします。定員5名レイクビューのお部屋がとれました。

今日は出張だったのです。先週訪れた青森と比べれば夢のように暖かく、コートを置いて出てきました。すでに仕事は終わり、浜名湖に面したこの宿に泊まって帰るところです。

1泊2食温泉付の少しいいホテルの宿泊費は普通の出張で使う宿の3泊分にはなるはずですが…この一晩で、いま作っている経営委託契約書案を仕上げてしまうつもりです。居心地のいい缶詰め、ということで。

«A71で三厩へ(春を迎えられない気動車で見に行く津軽海峡冬景色)

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28