コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://www.daishoyasan.jp/
居住地: Japan

自己紹介文

 旅行が好きな社会保険労務士兼司法書士=自称『旅行書士』です。事務所所在地は愛知県名古屋市です。

 司法書士としては、名古屋から日帰りで石垣島まで本人確認情報を作りに行ったり、簡裁訴訟代理で北海道まで行ったことがあります。
 社会保険労務士としては、広島県庁まであっせん補佐に行きました。

 このほか、登記申請(本人確認情報作成)では那覇・宮崎・佐世保・横浜・伊東・飯山へ、現地調査では石垣島・唐津・南伊豆町・越谷・鉾田へ、労働関係の依頼では那覇・大分・福岡・小倉・隠岐・今治・岡山・姫路・神戸・大阪・京都・熊野・静岡・佐久平・横浜・東京・大宮・成東・水戸・宇都宮・秋田・滝川(北海道)等へ出張しています。
 高速バス・フェリーの二等寝台を常用し、新幹線・飛行機にはあまり寄りつきません。青春18きっぷ発売期間中は活動範囲が飛躍的に広がります。儲かってない割に楽しく仕事はしている、というのが自慢です。
 ただし出張が頻発した場合には一ヶ月の三分の一は事務所におらず、依頼が頻発すれば一ヶ月の半分は新規依頼の受付停止中、ということもあります。

 給料未払いをはじめとする労働紛争への対応を専門分野とし、個人のお客様に法的サービスを提供する、機動力の高い事務所の構築を目指しています。

略歴

平成8年3月 三重大学生物資源学部森林資源学コース卒業(卒業当日に、入学が決まっていた同大大学院への進学をいきなり蹴って担当教官を嘆かせた)
平成8年4月~平成10年3月 バスの車掌・警備員・半導体や食品・自動車メーカーの期間工等を転々としながら、主として通信教育で司法書士の受験勉強をする。(フリーターと言ってしまえばそれまでだが、当事務所が労働側に立つよい下地になった)
平成10年11月 司法書士試験合格。受験歴1回。
平成10年12月 愛知県○○市の土地家屋調査士・行政書士某事務所に就職。(大学卒業と同時に測量士補の資格をもらっていたこともあり、このころは土地家屋調査士兼司法書士というごく普通の組み合わせでの開業を夢想していた)
平成11年6月 解雇。事務所がヒマになったから。
平成11年6~7月 失業生活突入。昼間はエアコンを作る工場の脱法派遣従業員、夜は大手運送会社事務員のアルバイトに従事。上記の間抜け行政書士事務所では、雇用保険の加入がなかったため。このころから、雇用保険および労働法というものに関心を持ち始める。
平成11年8月 愛知県○○市の、法務局にほど近い土地家屋調査士・行政書士某事務所に就職。およそコンプライアンスとはほど遠い『街の法律家』の実情をつぶさに拝見させてもらう。
平成12年2月 解雇。センセイ様の奴隷になりきれなかったため。
平成12年3月 たまたま、平成11年6月まで在職していた事務所の依頼を受けてちょっとした申請の手伝いに従事するも、また事業主都合で解雇となる。
 ここにいたって、法的措置をとると決意。
平成12年4月 (有)●本総合開発なる脱法人材派遣業者で、工場内での夜勤の業務に従事開始。単に金に詰まったからだったが、平成15年6月まで在職。
平成12年9月 平成11年6月まで在職していた事務所の行政書士に対して、訴訟提起。内容としては解雇にともなう賃金および雇用保険未加入にともなう損害賠償請求。敵には弁護士がついたが翌年6月、当初の請求額66万円に対し、32万円の支払をみて終了。
このころから、社会保険労務士の受験勉強開始。
平成13年9月 平成12年2月に解雇された行政書士に対して少額訴訟の提起。内容は当ウェブサイトのコンテンツである『おはようのない事務所で』記載のとおり。請求額22万円の、この訴訟でも敵には弁護士がついたが、なかばどさくさまぎれに請求額よりおおい『29万円』の支払いを受けて終了。
平成13年11月 社会保険労務士試験合格。受験歴1回。ただし、その後1年半、脱法人材派遣業者で働き続ける。
平成15年6月 脱法人材派遣業者で発生したクーデターのあおりを食って退職。予定より1年過早。
平成15年8月 現住所地に『社会保険労務士 すずきしんたろう事務所』創業。
 開業後6ヶ月間、依頼なし。この間営業活動をせず、ウェブサイトのコンテンツ執筆に専念した。
平成16年3月 司法書士として開業。
 司法書士会での登録面接時に当時の会長先生に
「この(有)日●総合開発ってのはどんな会社だったの?」
と聞かれ、
「工場内に脱法的人材派遣をおこなう請負業者です!」と即答。会長先生曰く
「君は…失礼だけど面白い経験をしているねぇ(笑) でもそれは役に立っているんだ」と、この事務所のよって立つところを簡潔に要約された。さすが会長先生。
平成17年4月 『旅行書士』の言葉をウェブサイトで使用開始
平成18年~
 単月で黒字化達成。以後、どうにか食べていける現在にいたる。
平成21年9月 簡裁代理権取得。
 簡易裁判所における訴訟代理業務開始。
平成22年6月 2級ファイナンシャル・プランニング技能士試験合格。
 ファイナンシャル・プランニング業務の標榜開始。